布川敏和のキムタク「大嫌い」発言に批判集中「アンタの方が嫌い」

SMAP木村拓哉を大嫌いだったと告白した元シブがき隊布川敏和に、ネットで批判集中

記事まとめ

  • 布川敏和が読売テレビの「特盛り!よしもと 今田八光のおしゃべりジャングル」に出演
  • 木村拓哉が「大嫌い」から「良い奴」に一変したエピソードを布川敏和が披露
  • ネットでは「話題作り」「アンタの方が嫌い」など布川敏和に批判が集中している

布川敏和のキムタク「大嫌い」発言に批判集中「アンタの方が嫌い」

布川敏和のキムタク「大嫌い」発言に批判集中「アンタの方が嫌い」

(提供:リアルライブ)

 タレントの布川敏和が、SMAP木村拓哉について「大嫌いだった」と告白したことに対して、ネット上で批判が集中している。

 布川は17日、読売テレビの「特盛!よしもと 今田八光のおしゃべりジャングル」に出演。布川といえば、本木雅弘と薬丸裕英とともにジャニーズのアイドルグループ・シブがき隊として活動。SMAPはジャニーズの後輩にあたる。

 番組では、「俺は木村が大嫌いだった!」と題した布川のエピソードを紹介。SMAPのメンバーである木村拓哉に人気が集中していた、いわゆる“キムタクブーム”の頃を振り返り、布川は「すげぇなと思っていたんですけども、なんかカッコつけてスカした感じで、俺好きじゃねぇなって」と語り、「大嫌い」だった理由を説明。視聴していたテレビ番組に木村が出演すると、違う番組に変えるほどたったようだ。しかし、ある日、テレビ局内で偶然、木村から挨拶されると、布川の木村へのイメージは、“良い奴”に一変したという。

 番組では、とっておきのネタとして発表されていたが、ネット上では「テレビで言うのはどうか」「内容が薄い」「話題作り」「くだらない」「アンタの方が嫌い」などと、布川の発言に対して批判が集中している。

関連記事(外部サイト)