夏目芽依 25歳ですけど許されるなら制服が着たいです!

夏目芽依 25歳ですけど許されるなら制服が着たいです!

(提供:リアルライブ)

 バスト95cmのIカップの持ち主であり、元保育士として働いていたことで注目の夏目芽依が、2枚目となるDVD『Summer Eyes』(@misty)の発売を記念したイベントが、17日に都内で行われた。

 3月にバリ島で撮影された今作は、兄と妹の禁断な関係を描いたストーリーになっている。ちょっとドキッとする設定だが、セクシーなシーンも満載である。「ナースになるのが夢の女の子を演じているんですけど、お兄ちゃんが私がナースになった時の妄想などが映像になっています。実は以前からナース服に憧れていたんですよ。ようやくナース服を着れたのが嬉しかったです。そのシーンではナース服を脱いで展開して水着になるんですけど、ハプニングで脱がない予定だったストッキングも脱いでしまってすごく恥ずかしかったです」と説明。

 Iカップということで、撮影中に胸が揺れることが多かったそうだが、そこでのハプニングもあり大変だったそうだ。「朝のベッドのシーンでポロリを連発しちゃいました。体に乳液をたくさん塗っていたんですけど、ツルツルと滑ってしまい本当に大変でした」と明かした。

 保育士からグラドルへと転身した夏目だが、その変化について聞いてみた。「これまでは子供たちのお世話をしていましたけど、自分がファンの方の前でしゃべることがあって、双方が似つかわないように思えますけど、対応とかが保護者の方と話しをするような感覚と似ていたりとか子供たちに親しみやすく接することとも似ているので、違う世界ではありますけど、ちょっと似ているので楽しいです」と語った。

 今回は兄と妹という設定だったが、次回作を出すとしたらどのようなことをやってみたいか聞いてみると「今25歳なんですけど、ファンの方に制服姿が見たいと言われているので、もし許されるなら制服を着てみたいです」とアピールした。

関連記事(外部サイト)