葉月あや 25歳ですけどセーラー服が着たかったです!

葉月あや 25歳ですけどセーラー服が着たかったです!

(提供:リアルライブ)

 『日テレジェニック2014』でグランプリを獲得し、マルチに活躍する葉月あやが、8枚目となるDVD『彩、色とりどり』(イーネット・フロンティア)の発売を記念したイベントが、18日、都内で行われた。

 5月に伊豆で撮影された今作は、ホテルのベルガールに扮した葉月が、彼氏と旅行を楽しむストーリーになっている。見どころのひとつとして、現在25歳の葉月が制服を披露しているシーンがある。「本当はセーラー服を着たかったんですけど、用意されたのがブレザーでちょっとガッカリしました。もう25歳なので着れるのもギリギリだし、これまで一回も着たことが無かったの着たかったです」とコメントした。

 撮影ではハプニングが付き物ではあるが、公園での撮影が中断されるような出来事があったそうだ。「公園で遊んでいるシーンを撮っていたんですけど、その公園でゲートボールをやっている人たちがいたんですよ。みんな私の近くに寄って来て、ジロジロ見てくるので、本当に恥ずかしかったです」と語った。

 その中でもお気に入りのシーンを聞いてみると「デビューしてからずっと髪の毛が長かったんですけど、今回のDVDは髪の毛を切って初めての作品なんですよ。デビュー前までは、ずっとショートカットだったので、私の原点みたいなので、これまでと違った私が見れると思います」と話した。

 プライベートではお酒好きで、これまで多くの失敗をしてきたので、しばらく禁酒をしていたそうだが、最近になってお酒を再開すると、いきなり大失敗をしたそうだ。「焼酎をひたすら飲んで泥酔してしまい、机の角に足をぶつけて大流血しちゃいました。まだ傷が残っているので、今日は黒のニーハイを穿いて隠しています」と明かした。

 今回の撮影ではハプニングが多く大変だった感じだが、次回のDVDでは何とかセーラー服を着たいと力をこめてアピールした。

関連記事(外部サイト)