様々な情報が飛び交った高畑裕太の騒動

様々な情報が飛び交った高畑裕太の騒動

(提供:リアルライブ)

 宿泊した群馬県前橋市内のホテルの女性従業員に対する強姦致傷罪で逮捕されたものの、被害者と示談が成立し9月9日不起訴となり釈放された、女優の高畑淳子の長男で元俳優の高畑裕太。今回の件では、多くの情報が飛び交ったが、ようやく事件の全貌が明らかになった。

 まず、最初は、「高畑の求めで歯ブラシを部屋に届けていた」とのことで、計画性があったような情報もあった。しかし、示談が成立して釈放されると、担当弁護士からの反論として、「事実関係を解明することはできておりません」との前置きがあったものの、「知り得た事実関係に照らせば、高畑裕太さんの方では合意があるものと思っていた可能性が高い」「呼びつけていきなり引きずり込んだ、などという事実はなかったと考えております」「起訴されて裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件」とのコメントが出された。

 この担当弁護士からのコメントに「開き直りではいか?」「逆にマイナスではないか?」との声が挙がったが、その後、さらなる展開が待っていた。一部週刊誌が、「事件後、警察に通報したのは女性の知人男性とされていたが、その男性が指定暴力団の関係者・X氏であったことが判明」「事件は8月23日の午前2時過ぎに起こったが、裕太の供述調書によると、“2人でエレベーターに乗ってホテルに向かった”とされていて、歯ブラシのくだりは一切調書になかった」「警察に連行される直前、女性の関係者だというコワモテの男が怒鳴り込んで裕太を罵倒し、事件発生が深夜にもかかわらず、すでに被害者は医師の診断書を用意していたと」と報じたのだ。

 様々な情報が飛び交ったが、高畑が周囲に大きな迷惑をかけたことだけは確かだ。出演していた24時間テレビのスペシャルドラマは他のタレントで急遽、撮り直し。後藤輝基はMCを担当するバラエティ番組が高畑の出演があったためにお蔵入り。後藤は、「一生懸命番組作っているスタッフさんが僕のところに来て、差し替えになってしまいました。すいませんでしたって」と同番組のスタッフから謝罪されたと明かし、被害者ですよ、スタッフさんも。そういう人が(自分に)謝らなければならない。どれほど迷惑かけてんねんっていうね」と強く非難した。もちろん、母である高畑淳子への影響も甚大だ。女優だけでなく、バラエティでも活躍していた彼女の芸能生命もピンチだ。

 示談金が1500万とも報じられたが、そんな金額以上に迷惑をかけたことだけは間違いない。

関連記事(外部サイト)