ヒット請負人のSMAP草なぎ剛「みんなに勇気貰える」

ヒット請負人のSMAP草なぎ剛「みんなに勇気貰える」

(提供:リアルライブ)

 年内に解散するSMAPが、12月21日に6枚目のベストアルバム「SMAP 25 YEARS」を発売する。同アルバムは、これまでのSMAPの400曲以上の中から、ファンがリクエスト投票し、約50曲が3枚組CDに収録される。デビューしてから数々のヒット曲を世に出してきたSMAPだが、実は草なぎ剛がキーマンとなっていたのをご存知だろうか。

 SMAPの楽曲の数々は、CMやドラマ、スポーツ特番などの主題歌として起用されてきたが、中でも草なぎが主演を務めるドラマの主題歌に数多く起用されている。

 今月上旬にトリプルミリオンを達成し、名実ともにSMAP最大のヒット曲になった「世界に一つだけの花」は、2003年1月〜3月まで放送されたフジテレビ系「僕の生きる道」、ミリオンセラーを達成している「らいおんハート」は2000年7月〜9月まで放送された日本テレビ系「フードファイト」、シンガーソングライター・山崎まさよしのカバー曲「セロリ」は、1997年4月〜6月まで放送されたフジテレビ系「いいひと。」、TBS「リオ五輪」特番のテーマ曲にもなった「ありがとう」は、2006年10月〜12月まで放送されたフジテレビ系「僕の歩く道」に起用されている。他にも、「そっと きゅっと」がフジテレビ系「任侠ヘルパー」(2009年)、「シャレオツ」がフジテレビ系「独身貴族」(2013年)、「華麗なる逆襲」がフジテレビ系「銭の戦争」(2015年)の主題歌になっている。

 以前、草なぎはフジテレビ「SMAP×SMAP」で、SMAPの楽曲が自身主演のドラマに頻繁に起用されることについて、「うれしい。(メンバー)みんなに勇気貰える。頑張れるんだよ」とメンバーの前で明かしていた。

 SMAPが解散してしまえば、当然このような現象が起きることは二度とない。寂しい限りだ…。

関連記事(外部サイト)