細川たかしが長年の“ヅラ疑惑”を否定!

細川たかしが長年の“ヅラ疑惑”を否定!

(提供:リアルライブ)

 演歌歌手の細川たかしが25日、北海道・増毛(ましけ)町の増毛港中央埠頭(ふとう)で行われた「秋の味まつり」にゲスト出演。長年ささやかれ続けて来た“ヅラ疑惑”を否定したことを各スポーツ紙が報じている。

 細川といえば、黒々とした髪に、生え際に合わせサイドをそり込んだ独特のヘアスタイルでおなじみ。しかし、「どんなに激しく動いても髪形が崩れないだけに、毎年、紅白ではほかの出演者からも『あれって…』という声が聞こえて来る。常連の歌手は見慣れているが、初出場の歌手にとっては衝撃的なはず」(NHK関係者)。

 各スポーツ紙によると、増毛町でのイベントにかけ報道陣の恐る恐るの問いかけに、細川は「昔からカツラ疑惑があると言われてきたんだよ。トシちゃん、マッチの時代から」と一笑。「スプレーを1本使い切るほど固めてた」と昔を懐かしみ、「今日は思いっきり短く切ってきました! 私は大丈夫です」と地毛をアピールしたという。

 さらには、「ハゲで萎縮することはないと思うけど、ただ(松山)千春ぐらいになったら朝とか楽だろうな。俺も70歳を超えたらあんなふうにしたらいいかな」と同郷の松山のスキンヘッドに憧れていることも明かしたというのだ。

 「思いっきりネタにしたため、今後は“ヅラ疑惑”をネタにして、バラエティー番組などの仕事も増えるのでは。紅白は今年出場すれば節目の40回目となるが、リハーサル時の取材も大いに盛り上げてくれそうだ」(芸能記者)

 疑惑を晴らし勢いに乗ったのか、細川は「(紅白では)SMAPに30分くらい歌ってもらいたい」と希望し、「今年の目玉はSMAP1本でいい」と力説したという。

 果たして、細川の希望はかなうのか?

関連記事(外部サイト)