結婚披露宴当日に振り返る片岡愛之助の華麗なる女性遍歴

結婚披露宴当日に振り返る片岡愛之助の華麗なる女性遍歴

(提供:リアルライブ)

 今月23日に京都・上賀茂神社で女優の藤原紀香と挙式した歌舞伎役者の片岡愛之助。モテ男で知られる愛之助は、これまでも多くの女性との交際が話題になっていた。本日28日に披露宴が行われるが、その直前に彼の女性遍歴を振り返ってみたい。

 2010年に交際が報じられたのはサトエリこと佐藤江梨子。大阪松竹座での舞台「花の武将 前田慶次」で二人は恋人役を演じたことで、交際に発展したという。ちなみに、サトエリといえば、市川海老蔵との交際もウワサされたことがあったが、その海老蔵は2010年には暴行事件から活動を無期限で自粛していた時期である。

 その次に話題となったのは、劇作家つかこうへいの一人娘で、宝塚歌劇団のトップ娘役を務めた愛原実花。名古屋・御園座公演「好色一代男」で共演して、交際が始まったという。

 その後に突如、話題となったのがタレント・グラビアアイドルの熊切あさ美だ。映画『歌舞伎町はいすくーる』での共演をきっかけに交際に発展。2013年2月に二人は交際を認めている。2014年の年明けの番組で結婚について尋ねられた際には「皆さんのご想像にお任せします」と語っていた。

 そして今回、結婚まで交際が続いたのが藤原紀香だ。一部週刊誌で“お泊まり”交際が報じられ、この報道が伝わると、双方の所属事務所は真剣交際を否定し、愛之助自身もブログで「その様な事実は一切ありません」と言及していた。しかし、交際は真実であって結婚まで発展した。

 モテる歌舞伎役者というのは少なくはないが、愛之助はその中でもトップクラスであることは間違いないようだ。

関連記事(外部サイト)