ファンクラブツアーでさえチケットがさばけなくなった浜崎あゆみ

ファンクラブツアーでさえチケットがさばけなくなった浜崎あゆみ

(提供:リアルライブ)

 30日の北海道公演からファンクラブ限定全国ツアーがスタートする歌手の浜崎あゆみだが、これまでにないほどチケットの売れ行きが苦戦しているという。

 それが露呈したのは今月26日に浜崎の公式ファンサイト上に掲載された告知。同ツアーのチケットに関するものだが、先着順でチケット販売の4次募集が行われたのだ。

 昨年は通常の全国ツアーはチケット販売で苦戦ぶりが報じられたが、ファンクラブ限定の全国ツアーでチケットの4次募集が行われるのはかなり異例の事態だ。

 「ネット上のファンの反応を見ると、1次から3次まで外れたファンが『当選の倍率上げろ』と怒りをあらわに。さらには、チケットをとるだけとって、金を払わない人が続出してまだ余っているのでは、という声もあがっている」(芸能記者)

 チケットの価格はファンクラブ会員が8500円、会員以外は9500円で会場の規模からすれば割高な感じ。さばけないのも納得な感じもするのだが…。

 「CDの売り上げは年々、急下降。所属レコード会社のエイベックスではすっかり“オワコン”扱いされている。それでも、かつての看板アーティストのプライドを傷つけないため、毎年、エイベックスの野外音楽イベント・a-nationでは最終日に大トリをつとめているが、浜崎で集客するのは至難の業。今年は、人気急上昇中のAAAを最終日に投入し集客に成功した」(レコード会社関係者)

 先ごろ、米国人男性の夫と離婚する意向を固めたことを発表。19日放送のミュージックステーション(テレビ朝日系)の特番で歌った際は高音部分でさけび声になり、歌声の衰えを露呈してしまった。

 果たして、今回のツアーは“空席祭り”となってしまうのだろうか。

関連記事(外部サイト)