またまた空港で存在感をアピールした浜崎あゆみ

またまた空港で存在感をアピールした浜崎あゆみ

(提供:リアルライブ)

 今月11日、10歳下の米国人男性と離婚する意向をファンクラブ公式サイトのブログで明かしていた歌手の浜崎あゆみが29日、ファンクラブツアー公演のため羽田空港から空路で札幌市に向かった様子を、各メディアが報じている。

 浜崎は14年3月、米国の医学部大学院生だった夫と結婚。昨年あたりから離婚危機が報じられるなどしていたが、今月11日、ファンクラブサイトで「3年間パートナーとして共に歩んできた彼と、それぞれの道へ進むことになりました。彼は彼の想う道を。私は私の想う道を。」と書き込み離婚の意向を表明していた。

 以来、報道陣の前に姿をみせるのは初めてとなったが、報道をまとめると、羽田空港では黒の帽子を目深にかぶり、大きなサングラスをかけ、左手薬指に指輪はなし。報道陣に数回お辞儀したものの、「離婚はしたんですか?」の問いかけには無言で、搭乗口に入ると再び深々と一礼し機上の人となった。その数時間後にはツイッターなどに、「自分のための未来に歩き始めています」と意味深な書き込みをしたが、まだ離婚届は提出していないという。

 「羽田には所属レコード会社・エイベックスから各スポーツ紙やテレビ各局のワイドショーに“呼び込み”がかかったという。ここ数年、プロモーション費用をかけてもCDが売れないので、レコード会社は積極的なプロモーションを行わず。もはや、話題になるのは男関係ばかりで、出国や帰国の際に空港にマスコミを呼び込んで撮らせ、存在感をアピールするのがせめてものプロモーションになってしまった。話題がなくなると困るので、しばらく離婚しないまま引っ張るのでは」(芸能記者)

 ファンクラブツアー公演にもかかわらず、チケットの売り上げは苦戦が伝えられているが、もはや気になるのは新恋人の存在ぐらいか?

関連記事(外部サイト)