【帰ってきたアイドル親衛隊】スタ誕出身なのにヒット曲には恵まれなかったが…大橋恵里子は当時子供だった私の「憧れのお姉さん」

【帰ってきたアイドル親衛隊】スタ誕出身なのにヒット曲には恵まれなかったが…大橋恵里子は当時子供だった私の「憧れのお姉さん」

(提供:リアルライブ)

 1970年代から80年代前半にかけて、人気だったテレビ番組『スター誕生!』(日本テレビ系)が放送されていた。ここから山口百恵・石野真子・ピンクレディー・岩崎宏美・小泉今日子・中森明菜・岡田有希子など、番組のタイトルの通り多くのスターが誕生した。そんな夢のような番組ではあったが、合格して歌手デビューをしてもヒット曲も出ないまま志半ばで夢を諦めてしまった人も少なくはない。

 現在は既に芸能界を引退してしまっているが、77年に合格した大橋恵里子が合格をした時から気になっていた。大橋はメチャメチャ歌が上手い訳でもなく美少女ということでもなかった。歌手としてデビューしたにも関わらず、歌番組に出演する機会があまりなかった。78年に『だれですか』という5枚目となるシングルが発売されたのだが、世間ではこのタイトルの曲を歌っていることすら知られることはなかった。まさにタイトルのように『だれですか』という状態だった。

 そんな大橋だが、当時は歌手としてではなく、バラエティ番組を中心に活動するようになっていた。今でいうバラドルである。ある時に私は、朝の子供番組『おはよう!こどもショー』(日本テレビ系)を見ていたところ『おはよう!のど自慢飛び入り大会』というコーナーの司会が大橋だったことに気付いた。番組では、のど自慢に出たい人は収録に直接スタジオ来て観覧して、その観覧者の中から歌いたい人が選ばれて歌うという、今では考えられない画期的なコーナーだった。出場条件は小学生であることだったので、当時6年生だった私は早速スタジオ観覧に行くことにした。この時は大橋に会いたいという気持ちより、テレビに出たいという気持ちの方がはるかに上だったので、スタジオに行くまで大橋のことは忘れていたくらいだ。

 スタジオには100人近くの小学生が客席に座り、歌いたい人が挙手をして、司会者に選ばれたら歌えるというシンプルなシステムだった。私も司会者の「歌いたい人」の掛け声を聞いて、一生懸命に声を出しながら手を挙げた。すると大橋が私を選んでくれて歌うことになった。なぜか私がチョイスした曲はシャネルズの『ランナウェイ』である。10点満点で6点という不甲斐ない結果になってしまったが、そんな点数よりここで大橋が私を選んでくれたことが、何より嬉しかった。番組はこの数か月後に終了してしまったのだが、毎週のようにスタジオに行って、その後も3回ほど歌わせてもらった。

 番組終了してから大橋に会う機会が無くなると思い落胆していたが、『笑ってる場合ですよ!』(フジテレビ系)でお笑い系劇団の東京乾電池と一緒にコントをやっていることを知った。『笑ってる場合ですよ!』は『笑っていいとも!』の前身番組で、新宿のスタジオALTAで生放送をしていた。しかし平日の真昼間に放送していることで、学校に行っている私は番組観覧すらできない状態だった。しかし、そこで諦めることもできないので、祝日には観覧して出待ちをするようになった。ALTAの裏で出待ちをしていると、エレベーターから大橋が降りて来るのだが、その時はマネージャーもいなく、さらに出待ちをしている人が誰もいなかったことで、まさかの2人きりの時間を過ごすことになった。そこで『おはよう!こどもショー』の話しをすると、まさか私のことを覚えてくれてたではないか。当時の大橋は20代前半で、私は中学生になりたての12歳だった。そんな子供に対しても優しくふるまってくれた。

 休日になると必ずALTAに行くのが習慣になっていたが、82年10月に番組が最終回を迎えることになってしまった。わずか1年程度しかALTAに通うことができなかった。しかも本業の歌手としての活動もほとんど無くなってしまい、82年3月に8枚目のシングル『夢で会えたら』がラストシングルになってしまった。

 それ以降は女優を中心に活動をしていたようだが、芝居で知り合った脚本家の長谷川康夫と結婚して引退してしまった。最後に会ってから30年以上の月日が経ってしまったが、子供当時の憧れのお姉さんみたいな感じだったので、いつかは会って話したい気持ちで一杯です。

(ブレーメン大島=毎週土曜日に掲載)

【ブレーメン大島】小学生の頃からアイドル現場に通い、高校時代は『夕やけニャンニャン』に素人ながらレギュラーで出演。同番組の「夕ニャン大相撲」では元レスリング部のテクニックを駆使して、暴れまわった。高校卒業後は芸人、プロレスのリングアナウンサー、放送作家として活動。現在は「プロのアイドルヲタク」としてアイドルをメインに取材するほか、かつて広島カープの応援団にも所属していたほどの熱狂的ファンとしての顔や、自称日本で唯一の盆踊りヲタとしての顔を持つことから、全国を飛び回る生活を送っている。最近、気になるアイドルはNMB48の三田麻央。

関連記事(外部サイト)