西浦秀樹と元AKB48の片山陽加・松井咲子が「ワケありバンド!かにたま」でCD発売

西浦秀樹と元AKB48の片山陽加・松井咲子が「ワケありバンド!かにたま」でCD発売

(提供:リアルライブ)

 歌手・西浦秀樹(34)が1日、レギュラーを務めるネット音楽番組「西浦秀樹のめざせ紅白!」の公開生放送をHARAJUKU Abema Studioにて行った。

 今回の生放送は、この番組をきっかけに結成された即興バンド「ワケありバンド!かにたま」のデビュー曲『All As One』のCD発売を記念して行われ、かにたまメンバーで、元AKB48の松井咲子と片山陽加、謎のパーカッショニストがゲスト出演。

 CDリリースにあたり、「CDとダウンロード併せて1万回を越えなければ、西浦の芸能界引退」を公約として掲げているが、発売から3日経った現時点でのCDとダウンロード数の合計が3076回と番組内で発表された。西浦は「達成できないと、かにたまとしての活動も次がないので、お二人の力を借りながら引き続き頑張りたい。」と意欲を見せたが、松井は「できる限り私たちも頑張るが、私たちをあまりあてにしないで欲しい。」と自虐的なコメント。片山は「ぜひこの曲をみなさんに”ヘビーローテーション”して聞いてほしい。」とAKB48の楽曲にかけてPRした。

 「かにたま」は恋愛禁止なのか?との質問が飛ぶと、松井は「禁止も何もそもそも可能性がない。」と完全否定したのに対し、西浦は「僕は松井咲子押しです!」とまさかの告白。それを受けて片山は、悔しがるどころか、むしろご自由にどうぞと言わんばかりの対応をとり会場を笑わせた。

【「西浦秀樹のめざせ紅白!」とは】
透明感のある甘い歌声で女性を魅了するバラードシンガー西浦秀樹がスペシャルゲスト、MCと共にお便りやコメントでコミュニケーションを取りながら“最高の1曲”を作り上げようという新感覚音楽番組。最高の1曲を作り、目指すは紅白歌合戦出場!またゲストと作詞や作曲についての音楽談義コーナーを予定。経験豊富なゲストに「最高の1曲に必要な要素とは?」をテーマにトークを繰り広げる。

関連記事(外部サイト)