着々と卒業を図っていたAKB48島崎遥香

着々と卒業を図っていたAKB48島崎遥香

(提供:リアルライブ)

 3日、AKB48の島崎遥香が東京・秋葉原で開催された「バイトルNEXT」の新CM発表会に登場し、「年内をもってAKB48の活動を終了させていただくことになりました」と発表した。

 以前から、島崎の卒業は噂されていたが、実際に卒業することになり、悲しんだファンも多いだろう。しかし、島崎は2015年頃からすでに着々と卒業の準備をしていたようだ。それが見てわかるのが、彼女のツイッターだ。島崎は2015年8月1日にツイートをスタート。現在までフォロワー数は約66万人、ツイート数は48となっている。

 「ツイッターをよく観察すると、つぶやく内容は女優関連の内容がほとんど。通常、AKBメンバーのツイッターは、AKB48の活動内容のツイートが多いが、島崎はそれが全くと言っていいほどない。さらに注目してみると、島崎がフォローしている13人の中には、AKB48メンバーは誰一人いない。これも非常に珍しいことです。着々と女優へのイメージ転換を図っていたのでしょうね。」(芸能記者)

 島崎は2015年、日本テレビのドラマ「マジすか学園4、5」、映画「劇場霊」で主演。2016年には日本テレビのドラマ「ゆとりですがなにか」、映画「ホーンテッド・キャンパス」に出演し、そして10月からスタートするテレビ朝日のドラマ「警視庁 ナシゴレン課」では主演を務める。

 「特に注目なのが、AKB関連ではないドラマに出演したことが大きい。最近では、『ゆとりですがなにか』の演技はなかなかの評判でしたから、10月の新ドラマでの演技がさらに良ければ、一気に女優業の仕事が爆発する可能性もある」(テレビ誌記者)

 島崎は今後、どのような女優として活躍していくのか、大注目だ!

*画像 島崎遥香ツイッターから

関連記事(外部サイト)