大晦日「ガキ使い 絶対に笑ってはいけない24時」で大反響「止まらない部」採用も

大晦日「ガキ使い 絶対に笑ってはいけない24時」で大反響「止まらない部」採用も

(提供:リアルライブ)

 2日放送の日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」で放送された「熱血! 浜田塾!!」のワンコーナー「止まらない部」がネット上で大きな話題となっている。

 「熱血! 浜田塾!!」とは、過去にも数回放送されており、浜田雅功が塾長、松本人志が教頭に扮し、芸人たちに特別カリキュラムを行い指導するという企画。特徴としては、塾長・浜田のドSっぷりを存分に活かしたコーナーで、参加者である芸人たちを厳しく教育する。2日の放送では、月亭方正、ココリコ、ライセンスの「ガキ使い」レギュラーの他に、FUJIWARAの原西孝幸、次長課長の河本準一、フットボールアワーの岩尾望が「浜田塾」に参加した。

 同コーナーでは、「水中息止め古今東西」、「わさびvsからし 舐め尽くし対決」、「塾長にバレるなのコーナー」の多彩なカリキュラムが行われ、「止まらない部」も実施。この「止まらない部」は浜田塾長の許可が出るまで止まってはいけないというルール。とにかく何かしらのアクションを続け、肉体的にも精神的にも非常にキツい企画である。

 過去に数回放送されていたこともあり、ファンも多い同企画。しかし、この日の放送に対して、ネット上では「面白すぎ」「神回」「腹痛い」「笑いが止まらない」「この企画大好き」などと大反響を呼んでいる。

 これまで同番組では、「ハイテンションシリーズ」「ききシリーズ」「ガキ使い裁判」「板尾シリーズ」「コスプレバスツアー」「サイレント図書館」「限界シリーズ」「森三中がやって来た」など数々の面白コーナーを生み出してきたが、ここ最近では、そこまで強烈な企画は生まれていなかった。そんな中、久々のヒット作となりそうなのが、「止まらない部」。

 今現在、毎年大晦日恒例「絶対に笑ってはいけない24時」の放送発表は正式にはされていないが、例年11月頃からロケを行っている。通常の放送回からの企画を採用することもあり、過去には「灼熱の素手地獄! 箸なき闘い!!」が、2011年12月31日放送の「絶対に笑ってはいけない空港24時」内で行われ、原西が「熱々皿うどん」に挑戦し、浜田や松本らを爆笑させた。

 今回、大晦日特番が放送となれば、一部企画として「止まらない部」の採用もありそうだ。

関連記事(外部サイト)