さんみゅ〜 防災士の資格取得に意欲!

さんみゅ〜 防災士の資格取得に意欲!

(提供:リアルライブ)

 アイドルグループ・さんみゅ〜が、8日に港区の増上寺で行われた『みなと区民まつり』で、防犯活動への関心を高め、地域の防災訓練などへの参加を促し、地域防災の向上を図ることを目的にしたイベントに参加した。

 さんみゅ〜は、2015年のに東京消防庁の防災週間ポスターに起用され、防災アイドルとしての活動もしている。早見優のヒット曲『夏色のナンシー』を防災ソングとして替え歌にした『ソナえあればウレいナンシー』などを歌い、常に防災をアピールしているアイドルグループである。

 イベントでは、港区長の武井雅昭氏と防災に関しての様々な話しが展開されていき、メンバーの防災対策などについての話しをする展開となった。リーダー西園みすずは「何かあった時にやるのではなくて、普段から心がけるというのが一番大事だと思うので、私たちの世代も一緒になって色々と意識を高めていけたらいいと思っています」と答えた。

 木下綾菜は「お家で何かあった時のために防災セットを用意していまます。お水だったりとか長持ちする食料など生活の最低限必要なモノを準備しています」とアピールした。

 それぞれ防災に対しての意識のたかいさんみゅ〜だが、イベントに参加した武井雅昭氏から、さんみゅ〜のこれまでの功績を称え、メンバーに防災士の資格を取ることを勧めてきた。西園は「防災士の資格取得はちょっと難しいと言われていますけど、しっかり頑張ってみたいと思います」と答えた。今後はメンバー全員で防災士の資格取得にも取り組むことを約束したことで、最後は堂々と「防災士の資格を絶対取るぞ!オー!」と宣言をして気合を入れていた。

取材/ブレーメン大島

関連記事(外部サイト)