横澤夏子がハロウィーンのバカ騒ぎに苦言「仮装している女の子は下品な子しかない」

横澤夏子がハロウィーンのバカ騒ぎに苦言「仮装している女の子は下品な子しかない」

(提供:リアルライブ)

 13日放送の「バイキング」(フジテレビ)で、お笑い芸人の横澤夏子が、ハロウィーンの盛り上がりについてコメントした。

 同番組では、お笑いコンビ、浅草キッドの水道橋博士が、「東京都ではハロウィーンを全面禁止にすべき」と提案。そんな話題の中、横澤は、「仮装している女の子は下品な子しかない。渋谷で仮装している子、本当、下品な子しかない」とコメントした。

 坂上忍が「お前、何を言い始めるんだ」と驚くも、横澤は、ハロウィーンの時に痴漢が増えていることに関して、「だってお腹とか出して、短いパンツでいるのに痴漢されたって、いや、そんな恰好しているから痴漢されるんだよっていう話」とバッサリ。「痴漢を引き起こしているのに、被害者ぶっているのは、私、なんでだろうなと思う」とも。この主張には坂上忍も、「おれも、それは思う」と同調していた。

関連記事(外部サイト)