まだまだ騒動収束まで時間がかかりそうな清水富美加の引退騒動

まだまだ騒動収束まで時間がかかりそうな清水富美加の引退騒動

(提供:リアルライブ)

 女優の清水富美加が宗教団体「幸福の科学」へ出家し引退する意向を表明したことによる余波を、各メディアが報じている。

 報道をまとめると、清水は3月7日に東京国際フォーラムで行われる音楽イベント「スペースシャワーミュージックアワード」でMCを務める予定だったが、出演しないことが同イベントの公式サイトで正式発表された。

 また、主演映画「笑う招き猫」(4月29日公開)とTBS系の同名ドラマ(3月放送)が未完成であることが発覚。一部を撮影しないまま完成させることや、映画の公開自体も協議中だというが、放送・公開が迫っているだけに製作サイドは早期の決断を迫られているようだ。

 主演映画「暗黒女子」(4月1日公開)は予定通りの公開が内定。しかし、清水の宣伝活動は全て中止となり、すでに今月8日に取材会が中止となり、21日に都内で開く完成披露試写会にも登壇予定だったが他のキャストで調整中だというのだ。

 「もはや、所属事務所が対応できないレベルの混乱ぶり。ここ最近、タレントが原因で各方面がこれだけ混乱した例はない。そんな状況にもかかわらず、菊地亜美やユージがツイッターで事務所を擁護する書き込みをしているが、怒り心頭の関係者にとっては火に油を注ぐだけ。事務所も所属タレントに余計な言動を避けるように徹底するべきだが、もはや、そこまで気が回らないのだろう」(芸能プロ関係者)

 清水は13日、11日に新たに開設した自身のツイッターに「出家だけではなくて 誰か ギリギリだと言った部分に隠された事 誰か気付いてくれてますように また 一つの事実がもう消されそう」と連日に渡って意味深な書き込み。

 清水本人が新たな真実を暴露するかが注目される。

関連記事(外部サイト)