小栗旬、主演『CRISIS』“特捜班5人”で記念撮影に称賛の声

小栗旬、主演『CRISIS』“特捜班5人”で記念撮影に称賛の声

(提供:リアルライブ)

 俳優・小栗旬(34)が主演するカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の公式ブログが10日に更新。小栗旬ら特捜班メンバー5人での撮影オフショットが公開され反響を呼んでいる。

 9日放送された第5話は、政治家恐喝の証拠を手に入れるため、稲見(小栗旬)が沢田(杉本哲太)が所属する暴力団に潜入捜査を行う。しかし、任務の背後には黒幕だった官房長官・神谷(石黒賢)の邪悪な思惑が…。そんな中、組の一員として認められた稲見は沢田らと共に、危険が伴う薬物の取引現場に同行することに…というあらすじ。

 放送前から「第5話では稲見の怒りを皆さんに感じてもらえるんじゃないかと思います。最後の最後、結末をお楽しみに」と小栗旬からのメッセージと共に、稲見と田丸(西島秀俊)がにらみ合う衝撃シーンが公開され話題にもなっていた。

 放送翌日に更新されたアメブロは「【オフショット】久々に5人で記念写真♪」と題し、「葛藤を抱えながらも決死の潜入捜査に挑んだ稲見。薬物取引での衝撃の展開の末に交わされた、稲見と田丸の無言のやり取りが印象的でしたね!!」と振り返った。また、「第5話は特捜班5人が揃うシーンは少なかったのですが、この駐車場での緊迫したシーンの撮影後、一息ついたタイミングで、久々に5人で記念写真を撮りました」と綴り、“特捜班5人”の笑顔ショットが初公開された。

 公開された写真に「昨日の話が切なかったから余計にこのshotはほっこりします」「かっこいい!」「5人揃ったオフショット素敵」「ホッとする お写真ありがとう」「この5人、素敵すぎます!」などのコメントや、「テレビだけじゃ物足りない」「実際に日本で起こっている問題も、この5人なら解決できそう! してほしい」「絶対に映画化して下さいね」など映画化を求めるコメントなども寄せられている。

 カンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(毎週火曜よる9時〜)は、直木賞作家・金城一紀が原案・脚本を手がけた、1話完結型のアクションエンターテインメント。各分野のスペシャリストが集結した小栗旬演じる主人公・稲見朗や、西島秀俊が演じる田丸三郎をはじめとする個性的な警察庁警備局長直轄の秘密部隊・公安機動捜査隊特捜班の活躍を描く。第6話は、11年前に起きた地下鉄爆破テロの実行犯で指名手配中の里見(山口馬木也)が再び動き始める。里見の確保に動き出す特捜班だったが、捜査を進める中で里見の知られざる背景にたどりつく。5月16日よる9時〜放送。

関連記事(外部サイト)