人見知りから“チャラ男”になったJUMP・伊野尾

人見知りから“チャラ男”になったJUMP・伊野尾

(提供:リアルライブ)

 公開が目前に迫った映画「ピーチガール」(20日公開)にW主演するジャニーズ事務所の人気グループ・Hey!Say!JUMPの伊野尾慧と女優の山本美月が、11日放送のTBS系「櫻井・有吉THE夜会」に出演した。

 2人はともに明治大学出身ということで、“女子高生が受けたい大学1位”という同大学の生田キャンパスでロケを敢行。伊野尾は理工学部建築学科、山本は農学部でともに理系学部出身で学年は1年違い。在学中も「すれ違う」程度には顔見知りだったという。

 学食では伊野尾が恩師・山本俊哉教授と再会。山本教授は学生時代の伊野尾について、「人見知りだったね、自分から話すなんてほとんどなかった」と明かした。伊野尾も「人見知りだった。(話しかけることが)できなかった」と、夏でも3年間マスクを外さなかったほどの人見知りだった当時を振り返った。

 そのうえで、「(先生を見て)コミュニケーションを取るってめちゃくちゃ素敵なことなんだなと思って、それから人見知りをやめようと思った」と、恩師のおかげで性格が変わったことを明かした。

 「伊野尾は10歳でジャニーズ入り。期待されてJUMPのメンバーになったものの、最初はただのイケてない奴でファンからも反感を買っていた。ところが、大学卒業後になって急にブレークし始めた」(芸能記者)

 最近の公私にわたる活躍はすでに知られたところ。

 昨年9月には、人気セクシー女優の明日花キララと同年1月にシンガポールでデートしていたことが、「週刊女性」(主婦と生活社)で報じられた。

 そして、同年12月にはTBSの宇垣美里アナとフジテレビの三上真奈アナと二股交際していることが、「週刊文春」(文芸春秋)で報じられた。

 女性とのコミュニケーションがお盛ん過ぎるようだが、スキャンダルが映画の興行成績にどう影響するかが注目される。

関連記事(外部サイト)