中野裕太主演映画「ママダメ」、〈冒頭18分映像〉と〈オフショット写真〉が解禁!

中野裕太主演映画「ママダメ」、〈冒頭18分映像〉と〈オフショット写真〉が解禁!

(提供:リアルライブ)

 Facebookで知り合った、台湾全力女子「リンちゃん」と日本人緩慢男子「モギさん」が、国境を超えて距離を縮め、遂には結婚するまでを描くノンフィクション・ラブストーリー、日台共同制作作品 映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』の、〈冒頭18分映像〉と〈オフショット写真〉が公開された。

 同作は、台湾人女性と日本人男性を主人公とした驚きの“実話”で、SNSで出会った男女が恋に落ちるという、まさに今どきのラブストーリー。32万人以上のファンを持つ、2人の日常を紹介したFacebookページが書籍化された「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」(新潮社)が原作。

 この度解禁された〈冒頭18分映像〉は全体の約20%にも及び、震災を機にFacebook上で知り合った、台湾全力女子・リンちゃん(簡嫚書:ジェン・マンシュー)と日本人緩慢男子・モギさん(中野裕太)が、Facebook上でお互いを意識し始め、初めて台湾で直接会う為の約束を交わすまでを描いた“胸キュン”の一部始終が収められている。2人の出会いのきっかけとなったのは、2011年に起きた東日本大震災。リンちゃんがFacebookに書き込んだ日本への“応援メッセージ”を見て、モギさんが何気なく返信したことから2人のやり取りがスタートした。

 また併せて、撮影時の〈オフショット写真〉も解禁。主演の中野裕太に加え、本作で日本デビューを果たしネット上では「可愛すぎる!」と話題の、注目不可避の台湾人女優・簡嫚書(ジェン・マンシュー)、中野裕太演じるモギさんのお父さん役で出演している蛭子能収(えびす・よしかず)らの、撮影現場の和気あいあいとした雰囲気が映し出されている。オフショットからでも、キャストやスタッフの仲睦まじい様子が伺える。

恋に臆病になっている全ての人に必見の同作。5月27日(土)より新宿シネマカリテ、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場他全国順次公開。台湾は6月16日(金)公開予定。

関連記事(外部サイト)