上戸彩 和服姿で金魚好きをアピール「水槽でずっと飼ってました」

上戸彩 和服姿で金魚好きをアピール「水槽でずっと飼ってました」

(提供:リアルライブ)

 女優の上戸彩が24日、都内で行われた「アートアクアリウム2017」開催概要発表会見に登場した。

 今回が2度目の広報大使となる上戸は「前回の京都でも時間外に見れたりとか、特別な、自分のために用意されたのかなと思うほど、素敵なものを見せてもらったので、またあの時間を満喫できるかと思うと楽しみです」と語る。同イベントは、数千匹の金魚が巨大金魚鉢などを泳ぐ水中アートが魅力で上戸は「ボーッと見てると1時間ぐらい経っちゃう。異空間に連れて行ってもらえます」とアピールした。

 元々上戸は金魚が大好きとのことで「お祭りの金魚すくいで、金魚を捕りすぎて、大きい水槽でずっと飼ってました」と思い出を披露した。また、この日の帯止めも金魚の形をしており「これ珊瑚なんです。値段がつけられないそうです、貴重な物をつけられて凄く嬉しいです」と話した。

 上戸は「みなさん足を運んでいただかないと体感できない魅力が沢山詰まっていると思います。ぜひ夏のイベント、秋のイベントとしてこの時間を楽しんでください」と来場を呼びかけた。

 「アートアクアリウム2017」は都内の日本橋で7月7日から9月24日まで、京都・二条城では10月25日から12月10日まで開催予定だ。(斎藤雅道)

関連記事(外部サイト)