ベッキー 地元・川崎でバリ島をPR 「日本とは、全然景色や空気も違う」

ベッキー 地元・川崎でバリ島をPR 「日本とは、全然景色や空気も違う」

(提供:リアルライブ)

 タレントのベッキーが27日、ラゾーナ川崎で行われた「H.I.S.」のバリ島PRイベントに出席した。

 ベッキーは同日発売だったH.I.S.が企画した旅本『sweet特別編集 sweet BALI』(宝島社)のナビゲーターを務めた。地元である川崎でのイベントということで「久しぶりの地元なので、嬉しい」と笑顔を見せる。

 これまで40か国に訪れた経験があるものの、バリ島は今回の企画で行ったのが初とのことで、現地の感想を「現実じゃないみたい。日本とは、全然景色や空気も違う。人が優しくて、食べ物もおいしくて、いいところだらけでしたね」と語った。

 また、キレイな海に感動して衣装のまま入ってしまったそうで「スタッフさんに怒られちゃった(笑)」と振り返る。他にもバリ島は棚田が有名とのことで、「生活するために作ったものかもしれないですけど、本当に美しかった」とコメント。「若い子は『棚田行こう!』ってならない、『海でイエーイ!』みたいな感じがするけど、行ったら本当に素敵だから!」とアピールした。

 ステージでは、バリ島から招かれた女性ダンサーがバリ舞踊「レゴンダンス」を披露した。ベッキーは現地でレゴンダンスを少し教えてもらったということで、指の動きなどを来場者に解説。ダンサーが「カワイイ」と褒めると、「トゥリマカシー」とインドネシア語でお礼の言葉を返したのだった。(斎藤雅道)

関連記事(外部サイト)