「銀魂.」オープニング曲「カゲロウ」が話題の"ЯeaL" 初ワンマンツアーがスタート!

「銀魂.」オープニング曲「カゲロウ」が話題の"ЯeaL" 初ワンマンツアーがスタート!

(提供:リアルライブ)

 人気TVアニメ「銀魂.」オープニングテーマに大抜擢されスマッシュヒットを記録した最新シングル「カゲロウ」を収録した1st album「19.(ナインティーン ピリオド)」が、iTunesロックチャートのTOP10にチャートインするなど、ブレイクの兆しをみせている大阪発のティーンズガールズバンド"ЯeaL(リアル)"。バンド名“Я”の変換に苦戦する(「やー」or「ろしあもじ」or「ろしあ」で変換)「SNS泣かせなバンド」としても話題を集めている彼女達。

 そんな“ЯeaL”の初ワンマンライブツアーが、地元・大阪の心斎橋BIG CATを皮切りにスタートとなった。1st album「19.」を引っ提げて行われる今回のツアーは、東京・名古屋・大阪・福岡の4大都市にて開催。その演奏力の高さを認められメジャーデビュー前にして「SUMMER SONIC 2015」に出演、さらには大阪城野外音楽堂でのワンマンライブも成功させるなど、圧倒的なライブパフォーマンスにも注目が集まる“ЯeaL”の初ワンマンライブツアーということで、首を長くして待っていたファンが会場に集結。ヒットシングル「カゲロウ」ほか、1st album「19.」収録曲を中心のセットリストで、初ワンマンライブツアー初日の会場を熱く揺らした。

先日、Yurika(Gt/Cho)が、今回のツアーを以ってバンドを脱退することを発表したばかりの“ЯeaL”。リーダーであり、“ЯeaL”の全楽曲の作詞作曲を手掛けるRyoko(Vo/Gt)は「こんなЯeaLを好きって言ってくれるみんなの居場所になれるように、ずっとずっと走りつづけたい」とコメントし、会場に集まったファンに向けて、バンドの再出発を熱く誓った。メンバー全員が19歳のЯeaLが10代最後に行うワンマンライブツアー。その熱量を是非ライブ会場で感じてほしい。

関連記事(外部サイト)