元SPEED・上原多香子の新カレも!? いまナベプロ系芸人が旬!

元SPEED・上原多香子の新カレも!? いまナベプロ系芸人が旬!

(提供:リアルライブ)

 生まれては消える“一発屋予備軍”。

 ここ数年では、流行語大賞にノミネートされるフレーズをはやらせた芸人は、短命に終わるというジンクスがある。

 確かに、「だっちゅーの」のパイレーツ、「なんでだろ〜?」のテツandトモ、「ぐ〜っ!」のエド・はるみ、「ワイルドだろぉ」のスギちゃん、「ダメよ〜、ダメダメ」の日本エレキテル連合は、テレビという表舞台から姿を消した。

 一方で、ノミネートされるほどではないものの、一時的に露出が増えた芸人もいた。ひと昔前は、「あったかいんだからぁ」のクマムシ。今は、「しもしも〜」の平野ノラ、「イエ〜イ!」のサンシャイン池崎。そして、ドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)や2社のCMに出演中のブルゾンちえみ。ネタでかかるオースティン・マホーンの『Dirty Work』も、バカ売れだ。これらの芸人に共通しているのは、全員がワタナベエンターテインメント所属という点だ。

 ナベプロは定期的に、一発屋要素が高い芸人を輩出しているが、今春は、元芸人が意外な形で注目された。5人(現在は6人)ユニット・超新塾に所属していたドラゴン高山も、そのひとりだ。

 およそ10年間、超新塾の一員として活動していたが、11年に脱退。演劇の世界に身を投じ、現在はコウカズヤの名義で、演劇集団・BuzzFestTheaterの作・演出を担当している。

 そして、この彼こそが、元SPEED・上原多香子とのお泊り愛をスクープされた新カレ。コウカズヤが上原のために新作を書き下ろし、上演されたのち、2人で上原が住むタワーマンションへ帰る姿が激写されている。

 コウカズヤはすでにナベプロを退所しているが、今もナベプロ芸人で、今春は妻と連ドラ出演を同時にゲットした強運の持ち主がいる。シャカ大熊だ。

 15年に、コンビ芸人・シャカを解散。現在はピン芸人で活動しつつ、A・ロックマンの名義で舞台の作・演出もしている。5月5日に、かねてから交際していた舞台女優の市川円香とゴールイン。さらに、絶好調ドラマ『小さな巨人』(TBS系)の第2シーズンにあたる豊洲署編にレギュラー出演(5月21日に開始)。主人公の長谷川博己が所属する所轄の刑事役で、丸坊主にして挑んでいる。

 サンシャイン、ノラ、ブルちえの陰に隠れるナベプロ系芸人。実は腕利きが多いのだ。

関連記事(外部サイト)