原幹恵 来月に30歳を迎えるアラサー女子の胸中を語る

原幹恵 来月に30歳を迎えるアラサー女子の胸中を語る

(提供:リアルライブ)

 グラビアのみならず、女優としても活躍中の原幹恵が、38枚目となるDVD『HUGME!』(ラインコミュニケーションズ)の発売を記念したイベントが、10日に都内で行われた。

 2月にタイのプーケットで撮影された今作は「つくす」をテーマにして、様々な奉仕をしているストーリーになっている。「例えば事務員になって彼氏のお弁当を作って食べさせてあげたり、ナースになって患者さんにつくしたりしています」と説明した。

 その中で一番のお気に入りのシーンは「事務員のシーンがすごく気に入っています。ルンルンな気分で可愛らしいお弁当を彼氏に食べさせてあげるシーンは私の憧れでもあるので、撮影していて楽しかったです。実はこういう事務員っぽい制服をDVDで着るのも初めてだったので、すごく新鮮でした」と笑顔。

 続いてお気に入りの衣装について聞いてみると「黒の胸元が大きく開いている競泳水着が気に入っています。現実にはこんなに胸元が開いている競泳水着とかは無いですけどね。今はグラビアアイドルの中では、このタイプの水着がトレンドなんですよ」と話した。

 7月3日に30歳の誕生日を迎える原だが、30歳になることについて聞いてみると「30歳になったらひとりで何かを決められるようになりたいです。これまでひとりでの行動が少ないので、ひとりで生きていけるようになりたいです。実は30代になるのが怖かったんですよ。でも周りの先輩方から30代が一番モテて一番キレイなんだよって言われたので、今では30歳になるのがすごく楽しみです」と語った。

 7月17日には誕生日を記念した写真集の発売も決まっている。「かなり頑張って撮影してきましたので、こちらの発売も楽しみにして下さい」とアピールした。

 30歳というひとつの節目を迎える原。今後はこれまで以上に大人の色気を見せてくれるハズなので、そんな素敵な30歳の原を楽しみにしたいと思う。

関連記事(外部サイト)