解散説が浮上したラルク・アン・シエルの“元凶”が明らかに

 一部で所属事務所からの独立、及び年内解散の可能性が報じられていた人気バンド「L’Arc〜en〜Ciel(ラルク・アン・シエル)」だが、その話が浮上した背景にある所属事務所会長の驚くべき錬金術の実態を発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

 一部での報道によるファンへの影響を危惧してか、ボーカルのhydeは先月21日、自身のインスタグラムに「ドエル(=ラルクファンの俗称)が本当に可愛くて笑える。こいつらのために、僕がラルクを続けるのは大した問題じゃない」と書き込み。グループの活動は安泰であると思われていた。

 同誌によると、かねてからメンバー4人は、事務所の会長に対するギャラへの不満を募らせていたという。通常、売れっ子アーティストの場合、CDの売り上げ100万枚あたり3〜5%の歌唱印税を受け取るというが、ラルクの場合には2・5%程度。ライブの収益についても会長は「赤字」と説明する一方、収支がわかる書類をメンバーに見せることは拒んでいたというのだ。

 しかし、実際、会長の会社は毎年約15億円の収入高、2000万円の営業利益をコンスタントに計上。ギャラを低く設定して得た金は会長により、東京・平河町のビルや恵比寿のペントハウスなど資産価値合計22億円の不動産に化けてしまった。

 その事実をメンバーが知ったことで、事務所との溝はいよいよ決定的なものになってしまったという。同誌の取材に対し、リーダーのtetsuyaは「ノーコメント。ただ、ファンを悲しませることはありません」と否定しなかった。

 「音楽事務所の場合、トップの言動はまさに“天の声”で、逆らうことはできない。そのため、アーティストが生み出す収益も思いのまま。そのため、今回のラルクのようなことが起こってしまう。現状を打開するには、ラルクのメンバーたちが独立するしかないが、さすがに解散はなさそうだ」(音楽業界関係者)

 ラルクのメンバー4人がどういう決断をするのかが注目される。

関連記事(外部サイト)