【小出恵介が無期限活動停止】示談成立し謝罪会見はなし? 示談金は1000万円とも

記事まとめ

  • 小出恵介は5月に大阪で17歳の女性と飲酒・淫行したとして無期限活動停止中
  • 小出は代理人弁護士を通じ、相手方は本人と親権者を交えて話し合いを行い示談が成立
  • 「捜査への影響を回避するため、当面開催できないものと判断」と会見時期は明言せず

これで小出恵介の謝罪会見はナシに!? 17歳相手女性と示談成立

 5月に大阪で17歳の女性と飲酒・淫行したとして無期限活動停止中の俳優の小出恵介が、今月10日に相手女性との間に示談が成立したこと15日、所属事務所が発表し各メディアが報じている。

 報道をまとめると、小出は代理人弁護士を通じ、相手方は本人と親権者を交えて話し合いを行い示談が成立。一部では示談金1000万円とも報じられていたが、当事者間での守秘義務があることを理由に、具体的な金額は明らかにしなかった。

 25日には同社の株主総会が行われるため、小出本人の会見はその前にも行われるものと見られていた。しかし、「現在、捜査の進ちょくを見守っている状況であり、捜査への影響を回避するため、当面開催できないものと判断している」と時期などは明言せず。

 示談は成立したものの所属事務所は、「小出恵介本人のためにも小出を擁護するのではなく、本件に捜査が及ぶ場合には、当人に全面的に協力させ、当人が負うべき責任と義務を誠実に全うさせる所存です」と厳格な態度で処分を継続することを明かした。

 「示談が成立した以後の今週に発売された『週刊文春』(文芸春秋)、『フライデー』(講談社)には相手女性の告白が掲載された。2誌のインタビューでは、金銭目的で小出と直接交渉したことを告白し、一部スポーツ紙が女性が小出に500万円を要求したことを否定。小出自ら200万円の示談金を提示したことを明かしていた。事務所としては今週発売の『フライデー』の内容をチェックしたうえで、示談したことも明かしても問題がないと判断し発表したようだ」(芸能記者)

 相手女性に関しては、「入れ知恵」した第三者の存在とともに“ハニートラップ説”もささやかれたが、結局、そのことの事実関係については明らかにならず。

 一部情報番組は現地取材を重ね散々ネタにしていたが、示談成立で貴重なネタがなくなりそうだ。

関連記事(外部サイト)