指原莉乃 AKB48選抜総選挙への焦り見せる?「こんな子たちの話、聞いてる場合じゃない!!」

指原莉乃 AKB48選抜総選挙への焦り見せる?「こんな子たちの話、聞いてる場合じゃない!!」

(提供:リアルライブ)

 15日深夜放送の「HKT48のおでかけ!」(TBS)でHKT48の指原莉乃が、今月17日開催予定の「AKB48 49thシングル選抜総選挙」に対する焦りを明かす場面があった。

 番組では「禁断のぶっちゃけ発言連発! 崖っぷち世代が号泣だらけの緊急ホンネ座談…深い心の闇を激白」と題してHKT48の田島芽瑠、山田麻莉奈、神志那結衣、坂口理子、秋吉優花による総選挙に向けた座談会を放送した。

 指原はフットボールアワー・後藤輝基とその座談会をモニタリングする役だったが指原は「私、速報3位だったんですよ」と5月31日に総選挙に先駆けて実施された速報について言及する。

 現在暫定で1位がNGT48所属の荻野由佳、2位がSKE48の松井珠理奈となっているが、指原は過去の速報で1、2位以外の人が総選挙で1位になったことがないことを説明し、後藤に「あかんやん」と言われていた。

 指原もそのことは「そうなんですよ、結構やばい」と認める。さらに、「だから(渡辺)麻友とふたりで喋っていたのが『総選挙ラスト2人の戦い』みたいになってたのに3位、4位だったんですよ。私たち『恥ずかしい!』みたいになって」と速報4位だった渡辺とのエピソードを語り、「私ぶっちゃけこんな子たちの話、聞いてる場合じゃない。私が話したい」と本音を吐露したのだった。

 なお、他の番組でも指原は総選挙に対する焦りをみせており、14日放送の「今夜くらべてみました」(日本テレビ)では、横澤夏子やチュートリアル・徳井義実に恋バナを振られるも、指原は「ちょっと総選挙前なんですみません…」と普段ならばノリノリで食い付くはずなのに自粛。徳井も「ガンガン男いってます! とか言うのかと思っていたのに」と驚いていた。

関連記事(外部サイト)