元HKT48の菅本裕子 「裕子はカワイイです」と自画自賛!

元HKT48の菅本裕子 「裕子はカワイイです」と自画自賛!

(提供:リアルライブ)

 元HKT48のメンバーであり、現在はモテクリエイターの肩書きで「モテる」を研究しているゆうこすこと菅本裕子が、初のイメージDVD『ラストサマー』(イーネット・フロンティア)の発売を記念したイベントが、17日に都内で行われた。発売されたばかりのDVDを手に取った菅本は「やっぱり裕子はカワイイです」と自画自賛した。

 昨年4月にグアムで撮影された今作は、グラビアモードとプライベートモードの2枚組になっていて、菅本のあらゆる魅力がギッシリ詰まっている。「プライベートモードでジムで運動をしたんですよ。プライベートでもジムに行こうと思って会員にはなっていますけど、ほとんど行っていません。なので今回はガチで運動することになったのでキツかったです。スクール水着を着ているシーンでもゴーグルを付けてガチで泳いでいました。ちゃぷちゃぷとかそういうレベルじゃないですから」と常に全力で運動している菅本。

 セクシーなシーンについては「部屋で黒の下着を身に付けているシーンで、このシーンだけ自分でメイクをしまして、赤い口紅を塗りました。ちょっと大人っぽいイメージになったと思います」と紹介した。

 そんなファンにとって待望のデビュー作の発売となったが、何とこの作品が最初で最後のDVDである。「女の子のファンがたくさん増えてきたので、需要を考えてこのDVDを最初で最後にしちゃいました」と告白した。

 現在はモテクリエイターとして活動しているが「女の子って相手の男の子の不安な部分とか苦手な部分を自ら見付けて不安になることがあるんですよ。私は相手の良いところや好きなところを話した瞬間に見付けるようにして、常にポジティブでいるように心がけています」と語った。

 ようやく発売になったデビューDVDがまさかの最後になってしまい男性ファンにとって残念だが、水着姿は見れなくてもゆうこすはこれからも突っ走っていくので、今後にも大きな期待が持てそうだ。

関連記事(外部サイト)