有名人マジギレ事件簿(31)「苦しんでるとこ流せよ!」おぎやはぎ小木がVTR全カットに激怒

有名人マジギレ事件簿(31)「苦しんでるとこ流せよ!」おぎやはぎ小木がVTR全カットに激怒

(提供:リアルライブ)

 おぎやはぎ・小木博明が、バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)に出演中、自身の出演VTRが使われなかったことに激怒する一幕があった。

 今回、同番組は前半に『ノリさんと行くせっかち弾丸ツアー』という、とんねるず・木梨憲武と、タレント達による台湾ロケを流し、後半は『タカさんと斎藤さんシンガぺっぺっぺーの旅』と題した、とんねるず・石橋貴明とトレンディエンジェル・斎藤司が、シンガポールを旅行する様子をVTRで放送。そしてスタジオで同VTRを見ている出演者は、ロケの内容に絡めたクイズに答えるという企画を行った。

 そんななか、シンガポールロケの冒頭では斎藤が「今回、貴さんと斎藤さんがね、なぜか2人でシンガポールを旅するっていう……」と、ぎこちないやり取りからスタート。しかしその後は、共にセントーサ島でアトラクションを楽しんだり、車の自動販売機を体験する様子などが流れ、VTRは問題なく終了した。

 だが番組の後半、VTRをスタジオで見ていた小木が「あれ、終わりこれ? 俺のカットになったの?」と動揺。自分もシンガポールロケに同行していたにもかかわらず、出演した映像が使用されていなかったと訴えたのである。さらに「元々、俺と貴さん(2人の)企画だもん!」と、あくまで斎藤は仲介役で、メインは自分と石橋だったと暴露。小木によると、石橋と共にゴーカートやメガジップなどのアトラクションを楽しんだものの、VTRではすべてカットされていたとのこと。これに対し彼は、スタッフの方を見ながら「行ってたろっつーの! 全部カットっておかしくね?」と声を荒げた。

 ここで相方のおぎやはぎ・矢作兼から、なぜ左手だけを動かして怒っているのかと問われると小木は「鎖骨、骨折してっからだよ! シンガポールで骨折したんだよ! ずっと隠してたけど!」と明かし、さらに「流せよ! 骨折してるところ! 俺があんなに苦しんでるところ流せよ! 俺がスゲェ痛がってる姿、流せよ! 使えるだろ、あんな痛がってんだから!」とマジギレ。

 するとここで石橋が「お前バカ!(小木が)緊急病院行ってる間、俺たちどれだけ落ち込んでたか……!」と当時の状況を振り返り「まだスケジュール3分の1も終わってねぇのに! お前は骨を折ったけど俺たち全員、心折れたんだぞ!」と鋭く反論し、スタジオを爆笑させた。

 これには小木も苦笑いで「申し訳ないけど」と謝罪した後、「本人が良いって言ってんだから(カットされた映像は)使っていいんじゃないの? じゃあ、ほとぼり冷めたら流そう!」と提案し、スタジオパートは笑いに包まれながら終了となった。

 小木は6月4日、シンガポールロケ中に浅いプールで転倒し、右鎖骨を骨折したと一部で報じられている。今回、制作側は彼の怪我のことを考慮し、放送を見送ったと思われる。しかし海外まで行き、仕事をこなした小木としては、すべての出演シーンをカットされたことが納得いかなかったようだ。

【参考】
・とんねるずのみなさんのおかげでした(フジテレビ系)2017年6月22日

(柴田ボイ)

関連記事(外部サイト)