足立梨花 「いつか作品の主題歌をB'zに歌ってもらえるように」と七夕に願いを

足立梨花 「いつか作品の主題歌をB'zに歌ってもらえるように」と七夕に願いを

(提供:リアルライブ)

 女優の足立梨花が29日、都内で行われたソーラーカー新車両お披露目記者発表会に出席。迫る七夕に向け、短冊にしたためたい思いを問われた足立は、自身が大のB'zファンであることを告白。「いつか作品の主題歌をB'zに歌ってもらえるようになりたい」と夢を明かした。

 壇上に用意された笹を前に「今年の七夕に願いをかけるとしたら」と司会者に聞かれた足立。

 「ずっとこの仕事をさせていただいてからひとつの目標があって、わたし、B'zのファンなんですよ。いつか自分の大切な作品の主題歌をB'zに歌ってもらえるようになりたい」としみじみ。

 今年の七夕はまだ予定が決まっていないといい、「何していますかね。仕事じゃないですか」と嬉しそうに話すと、夏の予定についても「今年の夏はバーベキューがしたいです。遠出してコテージでできるようなところでバーベキューがしたい」とコメント。

 プライベートでの彦星との出会いを問われると「現れてくれればいいんですけどね。友達はたくさんいるんですけどね」と苦笑い。

 この日は工学院大学が3021kmにも渡るオーストラリア大陸のコースを縦断する「2017 Bridgestone World Solar Challenge」に参戦するためのソーラーカー「WING」をお披露目したが、足立はその応援隊長に就任。「優勝できますように」と学生たちにエールを送り、「自分の知らない世界なので(応援隊長就任は)いい経験になります。ありがたいです。一回でいいからソーラーカーに乗ってみたい。免許を持っていないので乗れないですが、外から見守っていきたい」と話していた。

(取材・文=名鹿祥史)

関連記事(外部サイト)