伊集院光『地球征服 大アマゾンSP』の裏話を語る 「放送ではカットされたシーンがあった!」

伊集院光『地球征服 大アマゾンSP』の裏話を語る 「放送ではカットされたシーンがあった!」

(提供:リアルライブ)

 7月3日深夜1時放送の『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)にてタレントの伊集院光が自身も出演したテレビ朝日のバラエティ番組『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて 大アマゾンSP』(7月2日 18時30分〜)の感想を語った。

 『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』は、今年4月から火曜深夜に放送している番組で、普段カメラが一切入っていかないアマゾン奥地へのガチンコ取材といった過激な映像が話題になっており、“ナスD”と呼ばれる友寄ディレクターの身体を張った取材ぶりもネットで騒がれている。

 伊集院はこの『地球征服』に準レギュラーとして出演しており、『馬鹿力』の中でも、友寄ディレクターのことを「かなりアレ(破天荒)な人で目が離せない」と番組冒頭から熱く語り、いま最も注目すべき人物だと断じていた。

 7月2日のゴールデンにオンエアされた生放送は、いつもの放送とは違うかなり変則的な方法で収録がなされていたという。実際の生放送パートは司会のバイきんぐ・小峠英二、モデルの大石絵理の2名のみで、伊集院をはじめとするコメンテーター陣は生放送の前々日にスタジオに集合し完成したロケVTRを観てコメントを収録していたという。

 ところが、スタジオで流れたロケVTRと実際にテレビで放送されたものは、一部内容が異なっていたのだと伊集院がリスナーに明かした。

 伊集院いわく、スタジオで観たVTRには「捕まえた猿の顔面を食べる女の子」という衝撃的な映像があったが、本放送時にはそれがカットされてマイルドな内容で放送されていたというのだ。

 「興味深いなと思ったのが、小学校低学年くらいの小さな女の子が猿の頭蓋骨をすげー喰ってるところ。顔面の美味しいところを残さないよう食べているのがわかった。すげえリアルだったよね」と語り、本放送でその映像が丸ごとカットされた理由については「たぶん、ご飯時に猿の顔面喰うシーンはまずいんじゃないか、ということで直前までVTRを流すかどうか検討していたのではないか」と推理している。

 伊集院の裏話を聞いた『地球征服』のファンは、ネットで「未公開VTRがあるなら是非観てみたい」、「深夜放送で未公開映像SPとかやってもらえないだろうか」とゴールデンの時間帯ではオンエアできない過激な映像が観られる通常の深夜放送に期待を寄せているという。

(文:玉川談洲朗)

関連記事(外部サイト)