仲間由紀恵がなかなか埋められない夫・田中哲司との深い溝

仲間由紀恵がなかなか埋められない夫・田中哲司との深い溝

(提供:リアルライブ)

 6月に不倫スキャンダルを報じられた、女優の仲間由紀恵の夫で俳優の田中哲司と仲間の間にいまだにかなりの溝があることを、発売中の「女性自身」(光文社)が報じている。

 田中の不倫は6月初めに「フライデー」(講談社)で報じられた。同誌によると、仲間が海外の仕事で自宅を不在にしていたGW期間中、自身を担当するスタイリストの自宅マンションを訪れて密会。女性とは5年以上の付き合いだったという。

 後日、田中は事務所を通じて謝罪。妻の仲間について、「家族には大変辛い思いをさせてしまい、今後このような思いをさせないと心から謝罪いたしました」と猛省した。仲間の事務所は、「(仲間から)別れたと聞いていないので、(田中を)許してあげたのだと思います」とコメントしていた。

 その後、夫婦関係が気になるところだが、「女性自身」によると、仲間は仕事をセーブして妊活に励んでいた最中の裏切りだったため、田中は何度も丁寧な謝罪をしたが、すんなり許せるほど仲間の傷は浅くないという。

 6月下旬の午後2時過ぎ。都内の自宅マンションから愛車を運転して仲間が向かったのは俳優の小栗旬の自宅。仲間が小栗の自宅に入ると、俳優の鈴木亮平も入っていったというが、小栗の自宅はトレーニングジムも完備している自宅兼稽古場。小栗がいなくても開放しているのだとか。

 2時間ほどして仲間が出て来たというが、駐車場に向かう仲間の横には田中の姿が。おそらく、田中は仲間の“お供”で小栗宅にいたようだが、2人はそそくさと車に乗り込み帰宅の途についたというのだ。

 「仲間の事務所幹部はしきりに離婚するように説得しているというだけに、このまま子供ができなければ離婚する可能性が高そう。離婚したところで、仲間に非はないのでまったくダメージはないだろう」(芸能記者)

 いずれにせよ、今後の田中の仕事には少なからず不倫スキャンダルの影響が出そうだ。

関連記事(外部サイト)