広瀬すずが女王に輝いたCMランキングから読み取る芸能界の動向

広瀬すずが女王に輝いたCMランキングから読み取る芸能界の動向

(提供:リアルライブ)

 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターが11日、「2017上半期タレントCM起用社数ランキング」を発表。

 男性部門は、16年間1位の嵐・相葉雅紀と男子プロテニスの錦織圭選手が10社で同時に1位を獲得。女性部門は、女優の広瀬すずが14社で初の上半期CM女王に輝いた。

 まずは男性部門。相葉は嵐としてキリンビール、日本航空、日立など、個人では池田模範堂やカルビー、メルセデス・ベンツなどに出演。年間王者3連覇を目指す。

 2位は、9社で嵐の松本潤と俳優の遠藤憲一。3位は8社で嵐の櫻井翔と二宮和也、そしてタレントのDAIGO。4位は大リーガーのイチロー、TOKIOの長瀬智也、俳優の斎藤工、菅田将暉、西島秀俊、松坂桃李、松重豊、山崎賢人らが入った。

 「以前ならば決して上位に入ることはなかったあろう、名脇役の遠藤と松重がランクイン。2人とも下積み経験が長く、融通が利くし、おまけにギャラも主役クラスよりは安いのでクライアントとしては使いやすい。今後もCMが増えるのでは」(広告代理店関係者)

 初のCM女王になった広瀬だが、大塚製薬、資生堂、スズキ、ソフトバンクモバイル、明星食品など若い世代に向けた商品のCMに多数起用された。

 2位は10社で女優の綾瀬はるか、有村架純、上戸彩、ローラ、高畑充希、そして昨年CM女王の吉田羊。

 3位は9社で宮崎あおい、4位は8社で新垣結衣、石原さとみ、川口春奈、桐谷美玲、武井咲、菜々緒、波瑠、吉岡里帆が名を連ねた。

 「広瀬は今年1月にイケメン俳優と、吉田は昨年Hey! Say! JUMPの中島裕翔とのスキャンダルがあったが、それほどCMには影響せず。ローラは現在、所属事務所との独立騒動が浮上。移籍すれば契約がややこしくなるので、多少は本数が減るのでは」(芸能プロ関係者)

 下半期、この順位が大きく変動してるかが注目される。

関連記事(外部サイト)