コンビニ万引で任意取り調べ “プッツン女優” 石原真理子の苦境

石原真理子を窃盗の疑いで任意取り調べ 弁当とペットボトルの茶を万引きか

記事まとめ

  • 石原真理子が、窃盗の疑いで警視庁本所署に任意で取り調べを受けていると報じられた
  • 石原は「弁当とペットボトルの茶を万引したことに間違いない」と容疑を認めているそう
  • 『ふぞろいの林檎たち』などに出演、ぶっ飛んだ言動から「プッツン女優」と呼ばれた

コンビニ万引で任意取り調べ “プッツン女優” 石原真理子の苦境

コンビニ万引で任意取り調べ “プッツン女優” 石原真理子の苦境

(提供:リアルライブ)

 女優の石原真理子が東京・墨田区内のコンビニエンスストアで万引したとして、窃盗の疑いで警視庁本所署に任意で取り調べを受けていることを、26日放送のフジテレビ系「みんなのニュース」が報じた。

 同番組によると、石原は弁当1つとペットボトルのお茶を持って会計をせずに店を出ようとし、気づいた店員が110番。駆けつけた警察官に連行されたという。石原は「お弁当とペットボトルのお茶を万引したことに間違いない」と容疑を認めているそうで、警視庁は引き続き石原から詳しい事情を聴く方針だという。

 石原はTBS系「ふぞろいの林檎たち」などに出演。そのぶっ飛んだ言動から「プッツン女優」と呼ばれていた。93年には芸名を石原真理絵に改名。その後、表舞台から消えていたが、06年に石原真理子に戻し、本格的な芸能活動を再開。09年に今度は真理に改名後、今年2月に再び真理子に戻していた。

 「06年12月、全盛期である1980年代の自身のことを中心につづった自伝『ふぞろいな秘密』を発売。過去の男性関係を赤裸々に明かすなど、センセーショナルな内容で話題になり、07年5月の石原がメガホンをとった映画版公開まで話題になった。しかし、その後、石原は『自分が書いたものではない』と言いだし、相変わらずの“プッツン”ぶりだった」(出版関係者)

 09年には、「ふぞろいな秘密」でもかつて交際から破局に至るまでをつづっていた歌手の玉置浩二と電撃婚約したが、その後は破局。最近は再び表舞台から消えていた。

 「13年に一部が報じたところによると、フィリピンで事業を失敗し帰国。その後、築40年以上のアパートで母親と暮らしているという。ブログは更新し続けているが、内容があまりにも支離滅裂で、新規の仕事をオファーできるような状態ではない」(芸能記者)

 万引の原因は金欠か?

関連記事(外部サイト)