ASKAに早くも再婚説が浮上? 相手は一緒に逮捕された元愛人

ASKA、30年連れ添った妻と離婚発表 一緒に逮捕された元愛人と再婚説も

記事まとめ

  • ASKAは24日にブログで30年連れ添った妻と先月離婚したことを発表した
  • ASKAと一緒に逮捕された当時の愛人との関係は切れておらず、しばしば目撃されている
  • 元愛人との関係が離婚原因になったようで、元愛人と再婚する可能性もありそうだという

ASKAに早くも再婚説が浮上? 相手は一緒に逮捕された元愛人

ASKAに早くも再婚説が浮上? 相手は一緒に逮捕された元愛人

(提供:リアルライブ)

 24日にブログで30年連れ添った妻と先月離婚したことを発表した歌手のASKAだが、離婚原因として女性問題が浮上していることを、発売中の「フライデー」(講談社)が報じている。

 同誌によると、その女性とは、ASKAが15年に薬物事件で逮捕された際、一緒に薬物を使用していたとして逮捕された当時の愛人。その元愛人もASKA同様、執行猶予付きの判決を受けていた。

 実は、ASKAと元愛人との関係はまだ切れておらず、ASKAが元愛人のマンションに出入りしているところをしばしば目撃されているというのだ。

 ASKAは公判で元愛人の無罪を主張。情状証人として元愛人の公判に出廷しようとしたが、離婚した妻の怒りを買って断念したほど。元愛人との関係が離婚原因になっているようで、元愛人と再婚する可能性もありそうだという。

 「元愛人は公判で余計なことを一切しゃべらなかった。そのため、もともとASKAに紹介した大手企業の社長がしっかりバックアップ。関西方面にいるとのうわさがあったが、ほとぼりが冷めたのを見計らって東京に戻っていたようだ。ASKAの元妻としても、密会を許せず別々の道を選ぶしかなかったのでは」(週刊誌記者)

 発売中の「週刊新潮」(新潮社)によると、ASKAが家族と住んでいた豪邸は今年5月末に売却。元妻は豪邸から2キロほど離れた一軒家に2人の子供と暮らしているというが、同誌の記者が離婚について直撃したところ「何も話せないんです」とコメントしたという。

 「豪邸の売却額の3億円ほどが元妻への慰謝料代わりと言われている。ASKAは毎年億単位の印税が入るので、この先も生活には困らないだろう」(音楽業界関係者)

 果たして、ASKAは元愛人と“第2の人生”を歩むのだろうか?

関連記事(外部サイト)