日テレ・水卜麻美アナが「ヒルナンデス!」を9月いっぱいで卒業 報道アナに転身か?

日テレ・水卜麻美アナが「ヒルナンデス!」を9月いっぱいで卒業 報道アナに転身か?

(提供:リアルライブ)

 日本テレビの水卜麻美アナウンサーが、アシスタントを務める同局系昼の帯番組「ヒルナンデス!」を9月いっぱいで卒業することを、一部スポーツ紙が報じている。

 水トアナは10年に入社、11年3月の同番組スタート時からレギュラー出演。番組では女子アナとしては異色のぽっちゃり体形をイジられ、豪快な食べっぷりの食レポで親しみやすいキャラクターが浸透。オリコンの「好きな女性アナウンサーランキング」で昨年まで4年連続で1位を獲得中だ。

 現在、同番組のほか、「有吉ゼミ」、「幸せ!ボンビーガール」にもレギュラー出演。バラエティー番組が主戦場だが、記事によると、今後は情報・報道系の番組を担当する方向で調整が進んでいるという。

 「『ヒルナンデス!』は帯番組に加え、生放送。それに加え、コーナーのロケにも参加しているので拘束時間が長くなってしまう。労働環境が見直されているご時世ということもあり、水トアナの負担を軽くするための“配置転換”なのでは」(芸能記者)

 水トアナは26日と27日放送の「24時間テレビ」で4年連続で総合司会を務めるが、一時期、チャリティーマラソンランナーを務める可能性が浮上していることが一部で報じられた。

「ランナーに関しては人事部からNGが出たという。ただでさえ労働時間が長いのに、いわば“仕事”として練習をこなすことになれば社内で大問題になりかねない」(テレビ関係者)

 では、今後、水トアナはどこを目指すのだろうか?

 「日テレでは現在、報道の“顔”となれる若手がいない。もともと地頭のいい水トアナだけに、今後、報道路線で仕込むことになるのでは」(日テレ関係者)

 もう水トアナの食レポが見れなくなりそうだ。

関連記事(外部サイト)