成績トップのブルゾンちえみ、実は高学歴女芸人

 8月13日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、人気お笑い芸人のブルゾンちえみが出演した。番組では地元岡山で行われるライブに番組が密着。高校時代の恩師と再会し「成績は常にトップクラスだった」と意外な一面が語られた。

 ブルゾンちえみは、高校卒業後、島根大学教育学部へ入学。一家が教員をしていたことから彼女も学校の先生を目指していたのだろう。だが3年次に中退し、岡山での劇団、大阪での音楽活動を経て上京する。現在の所属事務所であるワタナベエンターテイメントの養成所に入るが、ここでも当初は歌手志望だった。だが、スタッフのすすめにより、在学中にバラエティコースに移りデビューを果たす。

 女芸人の世界はいまや大卒は珍しくなく、高学歴の持ち主も多い。

 「ブルゾンにおなじくワタナベエンターテインメント所属であり、ヒラリー・クリントンのものまね芸で知られる、石井てる美はなんと東京大学卒です。大学院まで進み発展途上国のインフラ整備を専攻。芸人になる前はマッキンゼー・アンド・カンパニーで働いていたことも話題となりました。TOEIC990点(満点)、英語検定1級を取得し、英語を生かした芸も披露していますね」(放送作家)

 石井が芸人を志したきっかけは「人生は一度きり、好きなことをやろう」というから思い切りが良い。さらに、コンビそろって高学歴な女芸人もいる。

 「光浦靖子と大久保佳代子によるオアシズですね。光浦は、東京外国語大学のインドネシア語学科に8年通い卒業しています。相方の大久保佳代子も千葉大学卒業です。2人は小学校の同級生、そろって上京し早稲田大学のお笑いサークル、寄席演芸研究会に所属していました。当初は光浦だけが注目され、コンビは解散状態となりましたが、現在は大久保さんもブレイクしています。そのきっかけとなったのが『めちゃめちゃイケてるっ!!』(フジテレビ系)で、得意の中国語を活かし、台湾出身のマッサージ師・ホァンさんを演じたことですね。頭の良さを生かしたネタといえるでしょう」(前出・同)

 現在は芸人そのものの数が飽和状態にある。高学歴だけでなく、プラスαのアピール材料となるネタや、キャラクターが求められるといえるだろう。

関連記事(外部サイト)