真木よう子に移籍説が浮上!

真木よう子が事務所から移籍も 同事務所からは過去に天海祐希や仲村トオルも移籍

記事まとめ

  • 真木よう子はコミケ参加話などでツイッターが炎上し、アカウントを閉鎖して謝罪した
  • 真木よう子と事務所との微妙な関係が浮き彫りになり、移籍説が浮上しているという
  • 同事務所からは、過去に天海祐希や仲村トオルも方針が合わなくなって移籍している

真木よう子に移籍説が浮上!

真木よう子に移籍説が浮上!

(提供:リアルライブ)

 一連のツイッターでの騒動で渦中の女優の真木よう子だが、今回の件で事務所との微妙な関係が浮き彫りになり、移籍説が浮上しているという。

 真木といえば、先日、最終回を迎えたフジテレビ系の連ドラ「セシルのもくろみ」は視聴率が4〜5%台を連発し大コケ。ドラマをPRしようと開設したツイッターではことごとくネガティブな記事にかみついてしまった。

 ツイッターでは積極的にファンと交流。ファンからは“神対応”と絶賛されていたが、いつの間にか年末のコミケ参加話が浮上。真木はクラウドファンディングによって出品するフォトブックの制作費を集めようとしたため猛バッシングを浴び、ツイッターのアカウントを閉鎖。事務所の公式サイトで謝罪する事態に追い込まれてしまった。

 「もともと真木はインスタを開設していたが、今回の件で分かったようにのめり込むととことん“暴走”する性格。事務所の女性社長はそんな真木の性格をよく分かっていたあまりインスタをやらないように苦言を呈していた。しかし、真木は『ドラマの番宣しかしない』と断ってツイッターを始めたところ案の定の結果となってしまった」(フジ関係者)

 一部が報じたところによると、真木は同ドラマの打ち上げで“失踪騒動”を巻き起こすほど精神状態が不安定。このままだと、しばらく公の場に出ることはなさそうで、新規のオファーも厳しい状況だ。

 「そんな中、浮上したのが移籍説。真木の所属事務所には以前、女優の天海祐希や俳優の仲村トオルが所属していた。しかし、ある程度売れて、自分で仕事が選べる立場になり事務所の方針と合わなくなって移籍。移籍後、2人とも仕事が順調なだけに、2人の選択は間違っていなかった。真木も今は2人と同じような立場だけに、今後の決断が注目される」(芸能プロ関係者)

 いずれにせよ、騒動後、どんな形で初めて公の場に登場するかが注目される。

関連記事(外部サイト)