田中みな実が出版業界から注目される理由

 出版業界で“口説き落とせ”と熱視線を浴びているのがフリーアナウンサーの田中みな実だ。

 女性ファッション誌「anan」で一糸まとわぬ上半身、バストを肘で隠すというなまめかしいショットを披露した田中。大きな話題を集めたが「その話題の大きさに比例するかのように雑誌の売り上げも上がったそうです。部数は通常よりも大幅アップで編集部も大喜びだったとか」と出版関係者。田中はTBS在籍時代から、ブリッコキャラから賛否の分かれるアナウンサーだったが、今回の部数増は注目度の高さを示した。

 「田中にとって、こういうセクシーショットは初めてです。この手のパターンは物珍しさだけの売れ行きで、2度目のグラビアはそこまで売れないというパターンもあるんですが、田中の場合は写真集出版を目指して口説き落とすべきという編集者は多いですね」と同関係者。

 その一つの指針ともなっているというのが、ネットオークションだという。「写真集がよく売れるというとAKBなど48グループのメンバーですが、やっぱり表紙を飾ったマンガ雑誌なんかは、発売後、ネットオークションで高値をつけるケースが多い。田中の『anan』もネットオークションなどで結構な値をつけているんです。マンガ誌と女性誌を同じように扱っていいのかどうかは、議論の余地はあると思いますが、潜在的なファンは多いということなんです。田中のセクシーな写真集が出せれば、大ヒット作になる可能性は高い。その分だけ次回作を作りたいと思う人も多いですし、注目度も高いです」と同関係者。出版界の救世主となるか。

関連記事(外部サイト)