結婚宣言の須藤凜々花に批判を通り越し呆れの声

結婚宣言の須藤凜々花に批判を通り越し呆れの声

(提供:リアルライブ)

 元NMB48の須藤凜々花がTBS『アッコにおまかせ』に出演。AKB総選挙で「結婚宣言」を引き出した徳光和夫と共演し、結婚の時期について言及した。

 番組では徳光から「本当に結婚するならいつするの?」と質問が須藤にぶつけられる。その後、「結婚時期はCMのあとで」と引っ張った挙げ句「(2018年)4月に結婚しようと思っています」と宣言。

 和田アキ子から「そこまできっちり言って大丈夫?」と水を向けられたが、「大丈夫です。いっぱい相談して決めたので」と返す。どうやら本当に4月に結婚するつもりであるようだ。

 番組内で結婚時期をあっけらかんと宣言するのは、NMB時代に支えてきたファンからしてみれば背信行為だけに激怒するのは当然だ。しかし、「怒りを通り越した」という声も多く「ああそう」「もう好きにすれば」「取り上げないで欲しい」と呆れムードの意見も多数に及んだ。

 「当然事務所の了解は得ているはずなので、炎上商法で活路を見出そういうところでしょう。しかし、『恋愛禁止ルール』を公然と破った彼女に対する目は、予想以上に冷ややか。

 番組では和田アキ子も腫れ物にさわるような扱いで、関わりを持ちたくないという感じでした。

 ファンのおかげで地位を獲得できたのに、それを公然と裏切ったわけですから、後ろ指を指されても仕方ありません。現在はまだ怒ってくれる人がいるので話題になっていますが、結婚したらもう炎上にもならないでしょう」(芸能ライター)

 ルールを破った代償はこれから、ということだろうか。

関連記事(外部サイト)