船越英一郎がようやく公の場に登場

船越英一郎がようやく公の場に登場

(提供:リアルライブ)

 タレントの松居一代と離婚調停中で渦中の俳優の船越英一郎が24日、都内で行われたテレビ東京ドラマ「テミスの剣」(27日放送)の取材会に出席した様子を各スポーツ紙が報じている。

 松居との離婚騒動勃発後、船越が報道陣の前に登場するのは初めて。各紙によると、同ドラマは「信念」や「正義」を描いているとあって、会見では自身の信念を熱弁する一幕もあったという。

 船越は、「生きているといろんなことが起きます。ステキなこともあれば、とんでもなく悪いこと、自分が想像していない事態も起きます。でも、全部感謝しようと(思う)」と現在の胸中を吐露。さらに、「乗り越えることで、前の自分よりステキで強くなった自分になれる。人に対しても思いやれる。だから、悪いことされても、ひどいこと言われても、感謝しようと」と続けたという。

 会見後は報道陣の呼びかけに、立ち止まって対応。「今回の騒動にも感謝ですか?」と問われると、「悪くても感謝!それに尽きる」と吹っ切れたような表情を浮かべていたというのだ。

 「騒動勃発後、船越はまるで“サンドバッグ状態”のように松居に打たれまくった。所属事務所と船越本人は松居に対してそれぞれ名誉毀損などで訴訟を起こしたこともあったが、船越はなかなか騒動について発言する機会がなかった。ようやくその機会に恵まれただけに滑らかに言葉がでてきたのでは」(芸能記者)

 船越のニュースは会見終了直後の24日午後2時半過ぎから続々とネットにアップされた。

 松居もニュースをチェックしているはずだが、同日午後7時過ぎのブログではその件についてはまったく触れず。

 すでに東京家庭裁判所での離婚調停がスタートしていることもあり、松居は今のところ“沈黙”を貫いているようだ。

関連記事(外部サイト)