露呈した香取慎吾とジャニーズ事務所の“深い溝”

元SMAP香取慎吾とジャニーズの深い溝が露呈か 『スマステ』終了にテレ朝会長が言及

記事まとめ

  • テレビ朝日会長が元SMAP香取慎吾が司会を務めた『SmaSTATION!!』の終了に言及
  • 『スマステ』の香取発言を受け会長は「テレビ局が個人に通知することはない」と回答
  • 「会長発言により、香取とジャニーズの間の深い溝が露呈した」とテレビ局関係者

露呈した香取慎吾とジャニーズ事務所の“深い溝”

露呈した香取慎吾とジャニーズ事務所の“深い溝”

(提供:リアルライブ)

 テレビ朝日の角南源五社長の定例会見が26日、東京・六本木の同局で行われ、元SMAPの香取慎吾が司会を務めた「SmaSTATION!!(スマステ)」の放送終了に言及したことを、各スポーツ紙が報じている。

 同番組は23日に最終回。番組終了について言及した香取は、「先に(番組終了が)新聞に載って。8月12日にプロデューサーから終わると聞いて。それからの6回、7回はあっという間でした」と報道で番組の終了を知ったことを明かした。そのうえで、番組終了について、「残念ですよ。とっても残念です。ずっと続けたかったし」などと心境を明かしていた。

 各紙によると、会見には早河洋会長兼務CEOが半年に1回の出席。会長は「スマステ」での香取の発言を受け、「テレビ局が個人に通知することはない。事務所に連絡するということですから」と回答。

 香取は9月8日にジャニーズ事務所を退所し独立したが、会長は「彼は9月上旬まで事務所に所属されていたのではないですかね。それ以前に、私どもと(事務所が)話し合ってということですから」とあくまでも事務所との話し合いであったことを強調したという。

 ジャニーズとの話し合いの中身については、「いついつまで(で終了)という話をした。我々は適正な事務処理をしたので、そこからは事務所の判断」。「終了の理由は視聴率か?」という質問には、「総合的な判断です。(平均視聴率)8%は決して悪くない。よく頑張ってくれました」とねぎらっていたというのだ。

 「『スマステ』についてはかなりナーバスな話なので、社長レベルでは回答できなかったようだ。香取が独立しなかったら事務所はしっかり香取に放送終了を通知していただろうし、それ以前に最終回を迎えることもなかっただろう。会長の発言により、香取とジャニーズの間の“深い溝”が露呈してしまった」(テレビ局関係者)

 スタッフや関係者にとっては、なんとも後味の悪い最終回の迎え方だったようだ。

関連記事(外部サイト)