安室奈美恵にもある黒歴史

【安室奈美恵が引退宣言】鈴木蘭々と着ぐるみを着たシスターラビッツは『黒歴史』

記事まとめ

  • 安室奈美恵が、来年9月をもって芸能活動の引退を宣言し話題となっている
  • フジ『ポンキッキーズ』では、鈴木蘭々と着ぐるみを着たシスターラビッツとして活躍
  • 96年には映画『That's カンニング! 史上最大の作戦?』にヒロインとして出演していた

安室奈美恵にもある黒歴史

安室奈美恵にもある黒歴史

(提供:リアルライブ)

 安室奈美恵が、来年9月をもって芸能活動の引退を宣言し話題となっている。今年デビュー25周年をむかえ、40歳となった。ひとつの節目として決断したのだろう。

 安室は1991年に14歳で、SUPER MONKEY'Sのメンバーとしてデビュー。のちに、安室奈美恵 with SUPER MONKEY'Sへの改名を経て、1995年にソロデビューを果たす。その後は、小室哲哉プロデュースにより数々のヒット曲を生み出し、彼女の格好を真似る“アムラー”もブームとなった。1997年に20歳でTRFのダンサーだったSAMと結婚し、その年の『第48回NHK紅白歌合戦』の紅組トリも務めている。輝かしい歴史が振り返られる一方で、無かったことにしたい“黒歴史”も存在する。

 「安室奈美恵は1995年のソロデビューを契機に一躍スターダムにのしあがりますが、それまでは、多くのバラエティ番組に出演していました。1993年にリニューアルした『ポンキッキーズ』(フジテレビ系)では、鈴木蘭々とうさぎの着ぐるみを着たシスターラビッツとして活躍。今では完全に“無かったこと”にされていますね。1996年には映画『That's カンニング! 史上最大の作戦?』にヒロインの女子大生、森下由美役として出演しています。八頭身美女のためスタイルは抜群ながら、演技力はイマイチでしたね」(芸能ライター)

 やはり、安室にとっての天職は“歌手”であったのだろう。だが過熱したアムラーブームが、予期せぬ方向へ走り出した例もある。

 「1997年にセガサターン用ソフトとして発売された『Digital Dance Mix 安室奈美恵』ですね。CGの安室キャラクターを音楽に乗せてさまざまな角度から楽しめるほか、いくつかのミニゲームが付属していました。コンビニ売りで、2800円という安価な値段も話題となりましたが、ゲームとしてのクオリティは低く“クソゲー”と言わざるを得ません」(前出・同)

 安室には名作の陰に“迷作”も数多く存在する。それだけ彼女が国民的なスターであった証でもあるだろう。

関連記事(外部サイト)