武井咲のデキ婚の余波を受けた月9ドラマ

武井咲のデキ婚の余波を受けた月9ドラマ

(提供:リアルライブ)

 先月1日にEXILEのボーカル・TAKAHIROとのデキちゃった結婚を発表した女優の武井咲だが、その影響を受け、来年1月クールにフジテレビ系の月9枠で放送予定だった、TOKIOの長瀬智也主演ドラマ「フラジャイル」の続編が放送延期になってしまったことを、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

 「フラジャイル」の前作は16年1月クールに放送。長瀬演じる優秀だが変人の病理医が人知れず患者を救っていく姿を描く。武井はヒロインの新人病理医を演じただけに、ドラマには欠かせない登場人物。視聴率は全話平均で9・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 前作はすでにドラマ枠が廃止となった水曜午後10時枠で放送されたが、同誌によると、今作は月9枠に“昇格”。武井は10月15日スタートの日本テレビ系ドラマ「今からあなたを脅迫します」には予定通り出演。そのため、武井の事務所は当初、「フラジャイル」にも出演させる予定だったというが、長瀬が所属するジャニーズ事務所や、ほかの出演者の事務所が「何かあったら心配」と武井の体調を危惧。

 状況を考慮すると、延期せざるを得なかったという。そのため、現在、ほかのジャニーズタレントを軸にしたドラマが“代案”として練られているというのだ。

 「今後、ジャニーズと武井の事務所の関係が心配される。ジャニーズは自社のタレントと“トラブル”があった事務所のタレントとはその後共演しない傾向。武井が出産・育休を経て復帰するまではまだまだ時間がかかるので、武井の役は別の女優を“代役”にして放送する可能性もなきにしもあらず」(テレビ局関係者)

 長瀬やほかの共演者にとっては残念な延期になってしまったようだ。

関連記事(外部サイト)