アンジャッシュ・渡部&佐々木希が超厳戒挙式&披露宴

アンジャッシュ・渡部&佐々木希が超厳戒挙式&披露宴

(提供:リアルライブ)

 4月に結婚したお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建と女優の佐々木希が8日、東京・元赤坂の明治記念館で挙式・披露宴を行ったことを、各スポーツ紙が報じている。

 報道をまとめると、非公開の結婚式は正午から開かれ、両家の親族や渡部の相方・児嶋一哉、ラバーガールら後輩芸人、佐々木の親友であるモデルで女優の大政絢ら50人が出席。晴れやかな和装姿の2人を祝福。

 披露宴は午後2時から約3時間行われ、渡部の後輩芸人たちが余興を披露するなどアットホームな雰囲気。集まった報道陣の前に姿を見せた児嶋は、「幸せそうでした」とにこやかな表情だったというが、内容については「言えないよね〜」と口を閉ざしたという。

 挙式後、出席者は庭園を歩いて待合室に入ったが、夫妻は集まった報道陣を避けるためか一切姿を見せず。待合室はカーテンが閉められ、披露宴会場の出入り口にはパーテーションが設置されるなど厳戒態勢だったというのだ。

 披露宴の後、東京・南青山の結婚式場で二次会を開催。佐々木と親交の深い木下優樹菜と夫でお笑いコンビ、FUJIWARAの藤本敏史や、佐々木と同じ事務所で先輩の女優の木村佳乃らが出席したという。

 「2人の結婚は渡部が出演する日本テレビ系『行列のできる法律相談所』の生放送で発表。おそらく、今回も挙式・披露宴から二次会までしっかり同番組のカメラが回っていたのでは。報道陣に2ショットを公開すると番組で放送する“商品価値”がダウンするので厳戒態勢を敷いたのでは。とはいえ、一部スポーツ紙は佐々木の顔は正面からとらえられなかったが、二次会会場での2ショットを撮影。二次会会場のガードは甘かったのだろう」(芸能記者)

 今後、ほかの芸能人たちも2人の結婚の際の“ビジネスモデル”を参考にしそうだ。

関連記事(外部サイト)