K-POP 少女時代の解散危機

K-POP 少女時代の解散危機

(提供:リアルライブ)

 日本でも人気のガールズK−POPグループ・少女時代のメンバーのうち、スヨン、ティファニー、ソヒョンは再契約せず、今後、5人体制で活動していくことを韓国メディアが報じファンに衝撃が走っている。

 報道によると、少女時代が所属するSMエンターテインメントは9日、「『少女時代』はSMにとってもファンにとっても大事な意味のあるグループだ。メンバーも解散は全く考えていない」とコメントを発表。

 契約を終了したメンバーを除いて再契約した5人のメンバー、テヨン、ユナ、ヒョヨン、ユリ、サニーの活動は、今後議論する予定だという。

 再契約しなかったティファニー、スヨン、ソヒョンは、それぞれ海外留学や個人の活動をする方向なのだとか。ティファニーは留学と海外進出の計画を明らかにしている。スヨンとソヒョンは、女優の活動に力を入れる可能性が高いという。

「少女時代の所属事務所は韓国でもかなりの大手だが、以前から契約内容でタレントたちと揉めることで知られている。もともと5人だった東方神起も、メンバー3人が契約内容で揉めに揉め、揉めなかった2人が東方神起として事務所に残留。揉めた3人は事務所を辞めJYJとして活動している」(韓国の芸能界に詳しいジャーナリスト)

 少女時代は07年に韓国でデビューすると、美形で美脚ぞろいのメンバーたちのキレのあるパフォーマンスで人気グループに。10年に日本でデビューし、同年の「日本レコード大賞」で新人賞を受賞するなど大ブレーク。14年にメンバーのジェシカが脱退してから8人体制で活動を続けていた。

 事務所側としては、今後、あくまでも5人体制での活動を視野に入れていることを主張しているが…。

「すでに日本のマーケットでは稼げなくなった。韓国国内でも15年にデビューしたTWICEが人気急上昇中。少女時代はすでに過去のグループになってしまっただけに、今後、5人で活動を続けるメリットはあまりなさそうだ」(音楽業界関係者)

 ネット上ではファンたちから「ひとつの時代が終わった」、「生きる糧だったのに…」など悲痛な声が飛び交っている。

関連記事(外部サイト)