伝家の宝刀「ちょ待てよ」に期待?キムタク初の刑事役挑戦

伝家の宝刀「ちょ待てよ」に期待?キムタク初の刑事役挑戦

(提供:リアルライブ)

 ピアニスト、美容師、検事、レーサー、武士、医者など、これまで様々な役柄を演じて来た元SMAP・木村拓哉。そんな木村が、東野圭吾原作の映画「マスカレード・ホテル」(2019年公開)にて、初の刑事役を務めることが判明した。

 木村が演じる主人公・新田浩介は、警視庁捜査1課のエリート刑事。都内で発生した3件の殺人事件を解決すべく、次なる犯行場所と予測されるホテル「コルテシア東京」へと潜入し、ホテルマンとして捜査を進めていく。

 また今作には、女優・長澤まさみも登場。長澤は新田の教育係となるフロントクラーク・山岸尚美を演じる。2人の初共演にも注目が集まっており、「嬉しい」「楽しみ」「絶対みる」など、ファンからは期待の声が多く寄せられた。

 しかし、一方では、大爆死確定という不吉な予感や、長澤との身長差に関する問題など、辛辣な意見も多数飛び交っている。中でも、とりわけ多く見られるのは、やはり「何をやっても木村拓哉」という声だろう。もはや木村が演技をする際にはお決まりの指摘、と言っても過言ではない。

 どんな役でも、木村に掛かれば全て木村拓哉になってしまう。これは、木村でなければ成せない芸当だが、特にファンでもない視聴者にとっては、少々ウンザリ要素になり得るようだ。

 加えて、「犯人ちょ待てよ」「『ちょ待てよ』こそ刑事のセリフ」「チョマテヨ刑事登場」「犯人を追いかける時にも言うんだろ」など、木村を語るうえでは外せない名台詞「ちょ待てよ」もここぞとばかりに溢れかえっている。

 刑事といえばやはり「犯人を追いかける」というイメージだ。そんな刑事役を演じるとなれば、この名台詞がいつも以上に活きてくる可能性が高い。初挑戦の役柄を演じることで、お馴染みの台詞に新鮮さが加わるのは大変結構だが、肝心の演技が使い古し感満載だと、やはり見る側としては正直飽きてしまうのも事実だろう。

 伝家の宝刀「ちょ待てよ」を駆使しつつ、いつもの木村とは一味違う、オリジナリティーに溢れた刑事役を期待したい。

関連記事(外部サイト)