今度はボディーガード役に初挑戦するキムタク

今度はボディーガード役に初挑戦するキムタク

(提供:リアルライブ)

 元SMAPの木村拓哉が、来年1月期のテレビ朝日系連続ドラマ「BG〜身辺警護人〜(仮)」に主演し、ボディーガード役に初挑戦することを、各スポーツ紙が報じている。

 各紙によると、木村が演じるのは、民間警備会社の身辺警護人。拳銃などを持つことはできず“丸腰”で警護対象者を守り、SPとのせめぎ合いもある中、さまざまな思惑が交錯するオリジナルの人間ドラマが描かれる。

 脚本を手がけるのは、主演したフジテレビ系の月9ドラマ「エンジン」(05年)以来のタッグとなる井上由美子氏。木村は現在、主演映画「マスカレード・ホテル」(19年公開予定)の撮影中。11月中旬のクランクアップ後、ドラマの役作りでボディーガード研修を受けるという。

 同映画では、刑事役とホテルマン役に初挑戦。これまで検事、パイロット、外科医など数々の職業を演じてきたが、また新たな職業の役を演じることになった。

 ドラマが放送されるのは、現在放送中の米倉涼子主演「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」と同枠だけに、高視聴率が期待されるという。

 「以前は、とりあえずフジテレビを優先していたが、フジは視聴率が低迷。実際、キムタクは来年1月クールの月9ドラマを断ってしまったようだ。低迷する月9よりも、高視聴率を記録している『ドクターX』と同枠の方が、高視聴率を狙えるという計算だったのでは」(テレビ局関係者)

 木村は、今年4月に公開された主演映画「無限の住人」が予想外の不入りを記録。

 来年には、事務所の後輩にあたる嵐・二宮和也と共演し主演をつとめる「検察側の罪人」の公開が決定している。

 精力的に仕事をこなす木村だが、新ドラマは何としても当てたいところだろう。

関連記事(外部サイト)