清水良太郎容疑者を通報した風俗嬢が“キメセク強要”を告白

清水良太郎容疑者を通報した風俗嬢が“キメセク強要”を告白

(提供:リアルライブ)

 覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕・送検された、ものまねタレント清水アキラの三男でタレント清水良太郎容疑者だが、清水容疑者に“キメセク”を強要され警察に通報した風俗嬢の女性が、「フライデー」(講談社)に対し、一部始終を告白している。

 清水容疑者は10日午後、東京・池袋のホテルで部屋に呼んだ風俗嬢の通報により、覚せい剤を使用した疑いが浮上。尿から陽性反応が出たため、11日夜に逮捕されていた。

 同誌に告白したのは、バスト115センチでIカップの30代の女性。清水容疑者は、「ハヤミ」という名前で午前11時半から2時間のコースを予約。プレイが始まると清水容疑者は、女性に「キメセクしたことある?」と切り出し、その後も、しつこくお誘い。

 その後、行為中にいわゆる“あぶり”で薬物を吸引。だんだん目がうつろになってきたというが、再び女性に“キメセク”を強要。それでも、女性が拒むと最後はあきらめたのか、1人でキメてしまったという。

 終了時間が迫ったところで、女性は、逃げるようにホテルを出て110番通報。女性も、薬物を吸い込んでしまったようで、頭痛に襲われ救急車で搬送され、体調が戻ると警察からの事情聴取。女性は、清水容疑者の逮捕が報じられるまで、清水容疑者だとは気付かなかったという。

 「記事によると、薬物を吸引後、清水容疑者は、浴室でサウナのように蒸気を発生させ水を飲んで“クスリ抜き”していたというから立派な常習者で、入手ルート、薬物仲間など、警察は徹底的に調べているはず。そうなると、過去に交際していた複数の女性芸能人たちとも“キメセク”をしていた可能性が浮上。清水容疑者の逮捕で過去の交際相手に“風評被害”が及ぶことになりそうだ」(週刊誌記者)

 妻子持ちの清水容疑者だが、“暴走”を自制できなかったようだ。

関連記事(外部サイト)