働き過ぎだったYOSHIKI

働き過ぎだったYOSHIKI

(提供:リアルライブ)

 X JAPANのYOSHIKIが、体調不良で、21日にアイスランドで行う予定だったドキュメンタリー映画「WE ARE X」の舞台あいさつをキャンセルしたことを、21日、自身のツイッターで明かした。

 YOSHIKIは、21日に更新したツイッターで、「本日倒れてしまいました。。アイスランドでの出演が急遽キャンセルになりました。ごめんなさい」と報告した。

 13日間で10か国11都市を回る分刻みの過密スケジュール。欧州滞在9日目のイギリスで倒れ、医師から休養指示を受けたという。

 そのため、21日に予定されていたアイスランドでのプレミアイベントは、急遽キャンセルした。現在は、医師の指示を仰ぎながら数日間の休養をとり、欧州プロモーションツアー最終日となる、フランス・パリのプレミアには出席する見通しだという。

 翌22日にもツイッターを更新。「大丈夫です。いまロンドンにいます。 アイスランド行け(なく)てごめんなさい。24日のPARISには予定通りいきます」というメッセージや、ジェット機から降りる自身の写真を投稿した。

 YOSHIKIは今年5月、米・ロサンゼルスの病院で頚椎人工椎間板置換の緊急手術を受けていたが、7月に仕事復帰。長期間の療養ができなかったため、体が悲鳴をあげてしまったようだ。

 「ここ数年、YOSHIKIは、以前では考えられないほど精力的に活動している。なぜ、そうなったかというと、YOSHIKIの場合、プライベートジェットでの移動、ロスの豪邸の維持費など、普通に生活しているだけでとにかく金がかかってしまうので、その生活を維持するためには稼ぎまくらなければならない。休むことはできない」(音楽業界関係者)

 現状では、仕事のペースを落とすことぐらいしか、体調を回復させる方法はなさそうだ。

関連記事(外部サイト)